a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

学生時代

Nさんとの打ち合わせに、
味わい深さを出すためのおしゃべり後、
博多より上京したM1と銀座で待ち合わせ・・・

M1の背後に、所在なさげに立つ青年を発見。
「もしかして、Sちゃん?」
「はい」

最後に会ったのは、確か小学生低学年だったような・・・
博多でちょこちょこ、M1には会ってたけど、
息子のSちゃんは、私の中ではずっとピカチューに夢中な、
かわいいボクちゃんでした。

そのボクちゃんが、大学生。
年を取るもんだ。

M1「Sちゃん、オタクっちゃん」
私「えーM1の息子なのに!?意外!」

Sちゃん、見た目は全然オタクではなく、
爽やかな、好青年(ルックスも良いし)。

私「もてるやろ?」
Sちゃん「あ、いえ」

翌日は、秋葉原に友人と行くとのこと。

私「おかえりなさいませ~みたいなお店にも行くと?」
Sちゃん「あ、それは前に行きました。一応社会勉強のために」

話しながらも、母と私のワインを入れてくれるSちゃん。
博多の土屋アンナのようなM1の息子にしては、
(土屋アンナさんを見る度に、いつもM1を思い出すので)
上出来の男に育ったものです。

そうこうしてる内に、M2が登場。
学生時代、仲良しだったグループで、
私を含めて3人は東京に居ると言うのに、
会うこともないまま、早数十年。

今回、仕事で来られなかったM3に写メを送信。
博多の懐かしい人の噂話や最近の映画の話まで・・・
昔の学食でのおしゃべりのように、
博多弁と長崎弁が飛び交った夜でした。

別に、会うのが嫌ってわけではなかったですが、
これまで、学生時代の仲良しと会いたいって気持ちが、
そんなに強い方ではなかった思います。

仕事や新しい生活にかまけて、
そう言う欲求みたいなものが、積極的に感じなかったのです。

この日、昔の自分を知ってる親しい友人らと会うのって、
楽しいなーとようやく?素直に思えるようになってました。

あの頃と違うのは・・・
女3人にほんの少し(と思いたい)しわやシミがあって、
ほんの少し苦労もしていて、
存在しなかったSちゃんがM3の変わりのように、
座っていてくれることでした。

おまけ

DSC_0523.jpg
パッケージがすてきで買ってみました。
ワングラス分のイタリアワイン。

DSC_0522.jpg
ようやく、ジェルネイルも塗り直しを。

そして・・・
プチ同窓会に、シロクマ君が合流し、
M1とシロクマ君のダジャレ合戦が始まり、
私の友人誰とでも仲良くなってくれるシロクマ君にも、
有難いなーと改めて思った夜でした。





スポンサーサイト
  1. 2012/09/25(火) 14:18:32|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<elegance | ホーム | 味わい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/987-6a6d07ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。