a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

温かな地名

今回の新作梅春まつりは、アトリエだったので、
ひまな時は、間に合わなかったものをちょこちょこ作れて、
大変助かりました。

しかし、初日や最終日の雪の日は、それでもシーンとしてて、
時々、気分転換に、母からもらった新聞の切り抜きを読んでは、
ほっこり気分を味わっていました。

IMG_6189.jpg

「好きだと思って、とっとたよ」と、
今、西日本新聞で連載されている、
梨木香歩さんの、『鳥と雲と薬草袋』の切り抜きを、
母が取ってくれてました。

毎回、一つの土地を、温かで優しいまなざしで紹介されています。
決して有名でない、その小さな土地のエピソードや、
地名の語源など、読んでる内に、
訪れたいという気持ちになるエッセイです。

そんな中に、母の生まれ故郷の小さな町が登場していて、
子供の頃、ほんの数回しか行ってませんが、
その文章を読んでいると、海の香りや小さな急な坂道を、
鮮明に思い出してきて、祖父母の声まで聞こえてくるようでした。

私でさえこうなのですから、
母はどんなに懐かしくそれを読んだでしょうか?

人は、そこにずっと居ようが、離れようが、
良かれ悪かれ、故郷を忘れることができません。
その名前を耳にするだけで、両親の声を聴き、
その土地の風を感じるものです。

昨日は、ある用事で西鉄電車で三潴の方まで行ってきましたが、
途中の聞きなれない駅名を、一つ一つ声にしながら、
一人一人にとっては大切な「温かな地名」に、
たくさんの思いが凝縮されている重みを感じました。

おまけ

IMG_6190.jpg
ずっと、冷蔵庫の中に入れていたヒヤシンスを、
新作梅春まつりに合わせて出しました。

IMG_6183.jpg

それにしても、地方自治体の合併で、残念な地名があったりします。
その土地その土地に、昔からの意味のあった名前が、
カタカナの軽い名前に変わったりするのは、
決める方々のセンスの悪さにがっかりです。





スポンサーサイト
  1. 2012/02/11(土) 23:12:44|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2月&3月のお教室 | ホーム | Vivement le printemps!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/891-3bc047bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。