a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

昭和の町

数日前、ちょっとした事件があり、
わちゃわちゃしてたので、ブログの更新がままならなかったのですが、
ようやく、少し落ち着きました。

10月末の話しですが、事件前に行ってたところ・・・

IMG_5678.jpg

大分県豊後高田市、昭和の町。
両親、兄、伯母、シロクマ君、私と、
全員、リアルタイムに昭和を体感したメンバーで訪れました。

IMG_5686.jpg

「駄菓子博物館」には、グリコのおまけなんかが展示されていて、
小さいものに弱い私は(おまけに古いものだし!)、
その棚の前でロックオン。

IMG_5685.jpg
IMG_5684.jpg
IMG_5697.jpg

博物館のすぐ近くには、昔ながらの商店街があって、
観光客相手に、おせんべいやコロッケを売るお店を冷やかしながら、
商店街を、観光地に再生させようと思いついた人に感心した私です。

IMG_5705_20111104143449.jpg

IMG_5702.jpg
こう言うタイルなんかも大切にされますように。
そして、どうぞ、オルゴール館やテディーベア館とかできて、
つまらない観光地にはなりませんように。

昭和の町の後は、中津市へ移動。
今回のドライブのメインイベント。
鱧ランチへ。

IMG_5706.jpg
と言っても、私は、鱧の美味しさがあまりわからない大人です・・・
嫌いではないのですが、鱧より、
有名な中津名物のから揚げの方が食べたい、お子様なのです。

IMG_5707.jpg
IMG_5708.jpg
しかし・・・
ここのお店の対応がいまいちで、せっかくのお料理の美味しさが半減でした。

B級グルメだ、昭和の町だと、あの手この手で人を呼ぼうと、
町やお店が頑張ってます。
ブームものに冷ややかになりそうな気持もありますが、
何もしないで、愚痴ばかり言って、
国や地方や時代のせいにするよりは、素敵だと思います。

ただ、そのせっかくの意気込みが、
末端の現場の人たちにちゃんと行き届いてなければ、
物珍しさの一過性のものになってしまうのではないでしょうか?

ガンバッテル場所、もの、人が、どれも欠けることなく、
すてきに再生されていくといいですね。

IMG_5680.jpg


おまけ
IMG_5672.jpg
10月の頭に、家の近くで拾った栗。
姫リンゴと飾ってましたが、シオシオになってきました。







スポンサーサイト
  1. 2011/11/04(金) 16:34:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<バルウォーク福岡 | ホーム | 生産性のある話題>>

コメント

うあー 昭和だー*
て言うても こんなボンネットバスを知っている程、古い人間ではありませんが。
豊後高田 よかです。
私も行きたい街の一つです。
  1. URL |
  2. 2011/11/05(土) 16:19:56 |
  3. nao-ya #-
  4. [ 編集]

nao-yaさんへ

訪れた日がどしゃ降りな日で、じっくり回れてませんが、
自然に古いまま残ってしまった・・街は、いろいろ考えさせる所でした。
観光地に再生することが、すてきだと言うものの、
弊害もこわいな、などと、住んでいない者の無責任な心配です。
  1. URL |
  2. 2011/11/06(日) 15:59:56 |
  3. a petits pas #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/851-27c97548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。