a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Stich by Stich

『Stich by Stich 針と糸で描くわたし』

庭園美術館で行われている展を観に行きました。
タイトルの「Stich(ステッチ)」は「針を運ぶこと」という意味です。

手芸の作品展?
何の前知識もなかったのが良かったです。
のっけから新鮮な驚きをもらいます。

手塚愛子さんの作品・・・
IMG_1967.jpg

縦横4メートルの大きな白地の布に濃いピンクの糸で、
東西の名画や彫刻、編み物の図などのモチーフが刺繍されています。
裏側をみると・・・
それぞれのモチーフから、そのまま長く糸が高く天井まで伸びています。
それらの糸は一つになり、一筋の水のように床へ。
床には・・・まるで水たまりのように、ピンクの糸が。

ほ~、素晴らしい!

秋山さやかさんの作品・・・
IMG_1968.jpg

大きな紙にコピーされた地図。
ある道には鮮やかな糸でなぞるように刺繍がされています。
スパンコールやラインストーン、ボタンにビーズも。
「水戸 あるく 2007年7月18日(水) くもり 時々 はれ はだ寒い」
作家が歩いた道のり。
ボタンやビーズは、そこで感じたイメージでしょうか?

すてき!

他にも、鹿児島の知的障害者施設「しょうぶ園」の刺繍工房、
「ヌイ プロジェクト」の作品なんかもありました。

刺繍というと、とかく甘いもののイメージが先行しがちですが、
若手作家のエッヂの利いたアート作品に、
いい意味で裏切られ、刺激をもらいました。

最近の私は、新しいものに興味がなくなり、
どんどん、古いものを追い求めていましたが、
若い人たちの作り出すもの、新しいものにも、
ちゃんと目を向けなくてはいけないということを、
改めて気づかせてくれた展でした。

おまけ
IMG_1966.jpg
すてきなものを観た後のティータイム。
「洋菓子 ウエスト」のシュークリームと紅茶。




スポンサーサイト
  1. 2009/09/13(日) 00:15:26|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<プール | ホーム | 大切に守られてきた空間>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/449-89a0efad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。