a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランスの色

Cafe au lait(カフェオレ)
Marron(マロン)
Framboise(フランボワズ)
Biscuit(ビスキュイ)

食べ物ではなく、色のお話です。

IMG_0494.jpg
本屋で偶然見付けた『フランスの伝統色』
帯には「パリジェンヌが愛した フランスの色270」と書かれてました。
そうくると買わずにはいられません。
食いしん坊のフランス人だけあって、
色の名前には食べ物の名前がたくさん。
日本の色の名前は「曙色」「群青色」「藤色」「桜色」とか、
自然や植物の名前がたくさんです。

IMG_0496.jpg
私も持っている「BOISSIER」の缶も載っていました。

今回のお教室の新作には間に合いませんでしたが、
今年はフランスの伝統色でいこうと思います。

で、色の話しから、やはり、食べ物へ。
IMG_0492.jpg
ミルカのリラスターレーズンとか言う、レーズンチョコ。
スロバキアのだそうです。
うーん、まぁまぁです。

IMG_0498.jpg
Nさんのブログで紹介されてた、きな粉ミルク、真似しました。
黒蜜をたっぷり入れて、美味しい!

IMG_0491.jpg
節分のお豆もちょこちょこ食べてます。(いまだ)

スポンサーサイト
  1. 2009/02/04(水) 21:11:43|
  2. ちょこちょこと美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<吉祥寺散策 | ホーム | やってしまった>>

コメント

フランス語の色の表現も、らしい感じが一杯ですね。
よくケーキにフランボアズってベリー系のがありますが、
直ぐにイメージ出来ますね~*
  1. URL |
  2. 2009/02/05(木) 00:22:06 |
  3. nao-ya #-
  4. [ 編集]

フランス色!

そんな本があるのですね。

私のイメージでは、フランス色は
淡い色です。それはやはり
マカロンのイメージからか・・・。
(私もすぐに食べ物を連想してしまう、食いしん坊)

それにしても、常々思っていたことですが
昨今はフランス語が溢れるようになりましたね。
飲食関係でよく目にします。

おかげさまで、お菓子やパンにちなんだ
単語は、すんなり頭に入ってきますよ~。

学生時代に学んだ仏語単語は
chat しか覚えていませんが。
(ラングドシャの意味は、最近知りました)




  1. URL |
  2. 2009/02/05(木) 09:52:13 |
  3. にはっち #-
  4. [ 編集]

さすが食のフランスですね!
それにしても・・・おいしそう~!!
何だかデザートが食べたくなってきました。

我が家でも歳の数だけお豆さん食べましたよ♪

  1. URL |
  2. 2009/02/05(木) 20:29:54 |
  3. とやまお #-
  4. [ 編集]

nao-yaさんへ

あと、人の名前も多いですねー。
ブルードゥピカソ(ピカソの青)とか、ブルードゥマティス(マティスの青)とか・・・
こういうのもらしいって言えば、らしいですよね。
  1. URL |
  2. 2009/02/05(木) 22:52:58 |
  3. a petits pas #-
  4. [ 編集]

にはっちさんへ

本当に、フランス語溢れてますよね。
フランスの食べ物を仏語で言うのは、まぁいいとしても、
それは日本語で言おうよ、ってのまで仏語だったりすると、
おしゃれなつもりで使ってるんでしょうけど、なんだか疑問を感じます。

chat、にゃんこですね。
langue de chat ラングドシャ、猫の舌ですねー。
これが、langue de chien ラングドシャン、だと犬の舌です。
ちなみに、モンブランの意味知ってますか?
  1. URL |
  2. 2009/02/05(木) 23:20:22 |
  3. a petits pas #-
  4. [ 編集]

とやまおさんへ

そうなんです。
色の名前を見てるうちに、チョコやケーキが食べたくなってきます。

節分のお豆、まだ、残ってます。
レーズンチョコだったらあっという間なんですけどねー。
  1. URL |
  2. 2009/02/05(木) 23:23:30 |
  3. a petits pas #-
  4. [ 編集]

モンブランの意味ですか。わからないです。

フローマジュブラン、ブランマジェ・・・
耳にするけれど、意味はフローマジュしか
知りません。

お店に並ぶモンブランを見ても
仏語からきた言葉とは、露知らず。

そうだ、以前教えていただいた d'or は覚えていますよ。

京都にあるお店だけでも

ラパンドール、 オ・グルニエ・ドール、 レブレドール

と、ありますよ。






  1. URL |
  2. 2009/02/09(月) 14:26:11 |
  3. にはっち #-
  4. [ 編集]

にはっちさんへ

mont(モン)は山。blanc(ブラン)は白と言う意味です。
つまり、モンブランは雪の降り積もった「白い山」ということですね。
日本人は栗と言えば黄色なので、モンブランも黄色のうにうにですが、
フランスではモンブランは、栗そのものの茶色のうにうにで、
その上にはたっぷりの白い粉砂糖をかけてあります。
仏語を習い始めた時、そう言うお菓子の意味とかも分かるようになって、
楽しかったです(今も分からない名前はたくさんありますが)
でも、日本のモンブラン(完全にオリジナルの意味を逸脱してますが)は、
あの安っぽさが逆にレトロでかわいいですけどね。
  1. URL |
  2. 2009/02/09(月) 18:10:32 |
  3. a petits pas #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/315-a0b9667d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。