a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バルテュス展

画家の中では、誰が好き?

「バルテュス」

そう答えてくれたのは、パリで知り合ったK君。
生まれて初めての海外で、ろくに話せないフランス語に悪戦苦闘をしながら、
どうしても、日本人同士で仲良くなってしまう・・・

その中でも、絵が好きなK君とは、
ジヴェルニーのモネのアトリエも一緒に行き、共に睡蓮の庭をスケッチした仲。

そんなK君が好きな画家、バルテュスのことを、
その頃の私はよく知らなくて、パラパラと見た画集で、
バルテュスの妖しい魅力に魅せられると同時に、
バルテュスってロリコン?とありがちな単純な感想も持ってしまったのです。

国内最大規模、没後初の大回顧展。
『称賛と誤解だらけの、20世紀最後の巨匠 Balthus 展』
行ってきました。

ピカソをして「20世紀最後の巨匠」と言わしめ、
奥様も日本人(節子さん)で日本贔屓だったバルテュスが、
日本でさほど知名度が高くないのが不思議です。

題材のスキャンダルスさが、大手を振って「好き」となかなか言いづらいのかもしれません。

日本女子大の教授、河本さんの言葉をお借りしますが、
ー「なりつつあるもの」過渡期特有の危うい美ー
その短い期間の不完全な儚い美しさ・・・

晩年の牧歌的な風景画もすてきですが、
やはり、少女たちの絵に魅了されてやみません。

K君、観たかなー?
どうだったかなー?
今も、誤解を恐れず「好きな画家はバルテュス」と言っていますか?

おまけ

DSCF1023.jpg
この時期、柏餅、美味しいですよね。

DSCF1024.jpg
DSCF1025.jpg
『膳楽房』のランチ、美味しかったです。

・最近観た映画
『アメイジング・グレイス』

スポンサーサイト
  1. 2014/05/17(土) 12:21:32|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あああ~~再び | ホーム | 僕がジョンと呼ばれるまで>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/1256-41cd12a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。