a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

青森 その2

DSC_2305_convert_20131023070534.jpg

博多から、両親が上京し、
父の念願の東北新幹線に乗るための青森旅行・・・

帰ってきてからも、ちょっとバタバタの日々で、
両親が帰って、寂しさを感じる暇のないまま、
青森旅行が、どんどん遠い昔のことのようになってしまいそうな・・・

とならないように、しばし、青森の旅報告、
お付き合いしていただくと嬉しいです。

DSC_2272_convert_20131023065906.jpg

奥入瀬渓流にも行ってきました。
紅葉には、少し早かったようですが、
マイナスイオンたっぷりの空気が気持ちよかったです!

DSC_2277_convert_20131023070041.jpg
DSC_2276_convert_20131023070227.jpg

私たちよりも、年老いた両親の方がたくさん渓流散策をしてました。

DSC_2294_convert_20131023070438.jpg
DSC_2285_convert_20131023070349.jpg

立ち寄った「奥入瀬渓流ホテル」では、
「十和田奥入瀬芸術祭」が開催されていました。
森の中で、渓流のせせらぎと鳥のさえずりを聞きながら、
アートに触れるのもすてきなことです。

DSC_2314_convert_20131023070809.jpg

宿泊した『青森屋』の敷地が広大で、全てを見ることはできませんでしたが、
朝の一人散歩で、古い建物だけは押さえることができました。
明治の和館と昭和の洋館の合体タイプの『渋沢邸』。
窓からジロジロと中を覗いたところ、おお~これは、すてき!
奥入瀬渓流も温泉も良かったですが、ここもちゃんと見学するべきでした。

青森屋さんの敷地には、他にも大きな沼や茶室等々、
散策ポイントがまだまだありました。
再び訪れることがあれば、今度は青森屋さんをじっくり楽しみたいと思います。

DSC_2264_convert_20131023065754.jpg

こんな馬車で一周するくらい広大なんです。
お馬さんに触りましたが、もう~触らないで、って感じでした。
あーん、つれない。

青森報告、もう少し続きます。

おまけ

DSC_2262_convert_20131023065652.jpg
部屋のキーホルダーもりんごです。

DSC_2322_convert_20131023070919.jpg
一輪だけ発見したあじさい。
すてきな色です!



スポンサーサイト
  1. 2013/10/23(水) 07:57:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<mitta | ホーム | あずましい>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/1158-1b9bdc01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。