a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二郎は鮨の夢を見る

映画の話題が続きます。

博多で会ったHさんも絶賛していた、
ドキュメンタリー映画 『二郎は鮨の夢を見る』を観ました。

DSC_1327.jpg

アメリカ人監督が、日本の鮨と職人をテーマにしたドキュメンタリーで、
その予告を見て、あまりのカッコよさに絶対観たい!と、映画館へ。

「ミシュラン東京」で6年連続三つ星に選ばれている、
銀座の名店『すきやばし次郎』の店主、小野二郎さん、齢87歳。

いまだ、頂上は見えず・・・なんだとか。
自分の仕事に惚れなきゃだめだ・・・とか。

その仕事に対する、ストイックで誠実な姿勢の師を支える、
息子や弟子や築地市場の仲買人や精米の職人さんまで、
もーみな、かっこいい男ばかりなのです。

モダンな映像とクラシック音楽が、
市場を、職人を、そして、鮨を、アートにしてます。

仕込みからお客様にお鮨を出すまでが、
一つの協奏曲のようだったのもすてきでしたが、
築地のマグロのせりもコンサートのようで、
ちょっと見学してみたい、って思いました。

それにしても・・・
こんなに感動しているのに、
お鮨がダメな自分が、無念です・・・

おまけ

と言え、こんな映画を観たら、そりゃー鮨でしょう!

DSC_1322.jpg
(私はこの内、卵焼きとアナゴとえびを、シロクマ君からもらいました)

ちょうど、福岡からKさんが遊びに来ていて、
銀座のお鮨屋さんで会いました。
もちろん『すきやばし次郎』ではありません。

DSC_1320.jpg
DSC_1321_convert_20130310193124.jpg
茶碗蒸しや炙りであれば、大丈夫。
次郎で、炙りで~なんて言えませんよね。

この後、お新香巻なんかを食べつつ、
頭の中では、清志郎の「昼間のパパは~男だぜ~」ってフレーズが
ぐるぐるリフレインしていた私であります。


自分の仕事に惚れてる男も女も、
その仕事姿は、かっこいい!




スポンサーサイト
  1. 2013/03/10(日) 20:26:59|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<つらつらと・・・ | ホーム | 八月の鯨>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/1061-130c02b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。