a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八月の鯨

いじわるな言い方をするならば・・・

刺激も斬新さもない、退屈な年老いた人々のお話です。

しかし、
淀川長治氏の言葉を借りるならば
「これは美術だ、詩だ、名舞台だ。
 ぜったい、ぜったい、ぜったい、見逃し給うな!」
です。

DSC_1319.jpg

岩波ホール創立45周年記念上映 『八月の鯨』。

奇しくも、ミニシアターとして草分け的存在の岩波ホールの総支配人、
高野悦子さんが2月に亡くなられ、
その死を追悼するかのように上映された『八月の鯨』。
25年前、31週間連日満員となったこの伝説的名作を、
岩波ホールで再び観られるこのチャンス、
本当に見逃してはいけません!
しかも、公開当時の字幕で、ニュープリントフィルムですよ!

恥ずかしながら、私は知らなかったのですが、
往年のハリウッドの5人の名優たちが一同に見られます。
特に、リリアン・ギッシュとベティ・デイヴィスを一作の中で見るのは、
これまた、淀川さんの受け売りですが、奇蹟だそうです。

ただ、25年前に観ていたら・・・
この映画の良さはわからなかったかもしれません。
私自身も老いを感じる年齢になったからこそ、
しみじみと感動するのだと思います。

美しい海と庭。
古い家に、住人と共に年を取ったモノたち。
ワンピース、ニットのガーディガン、ストローハット・・・

セリフの一つ一つは詩のようです。

人は、誰かを支え、支えられて生きてゆくものですが、
その反面、孤独にも耐えなくてはいけません。
失った時間とモノと人に悲しみながら、
新しいモノを作ろうとする貪欲さ。

季節は夏の終わり・・・

私のお気に入りは、
老姉妹がゲストを家に招くシーン。
ささやかな宴に、ちゃんとアクセサリーをつけてドレスアップします。
寝室からダイニングテーブルに行くだけなのに、
ミニバッグまで持ってる!

家に花を飾り、髪に念入りにブラシをかけ、
アクセサリーをつけて、お洒落もする。
枯れても女。

静かな静かな美しい映画です。
そして、静かな中にも苛立ちや、孤独や、焦りがもちろんあります。
それでも美しく生きてゆこうとする人々に、
しみじみと涙してしまいます。

おまけ

DSC_1316_convert_20130307133549.jpg
水道橋から神保町に歩いてる途中、
都内最古の歴史を誇る教会『神田教会』を見つけました。
すてきだな~。

神保町に行くのなら、せっかくだからUさんとランチできないかしらん?
とメールすると、快く、仕事中に時間を割いてくれたUさん。
教えてくれた喫茶店が『八月の鯨』を観る前にふさわしい喫茶店で、
撮影はお断りされましたが、店内、社長&マスター、メニュー、
全て、いいね~って唸るお店でした。

屋号だけでも・・・
『カフェ・デ・プリマベーラ』

DSC_1318_convert_20130307133519.jpg
そのUさんから、またすてきなものをいただいてしまいました。
きゃー。



スポンサーサイト
  1. 2013/03/07(木) 15:06:08|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<二郎は鮨の夢を見る | ホーム | 博多グルメ報告 後編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://apetitspasc.blog104.fc2.com/tb.php/1060-b1481570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。