a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

与那国島 その5

長々と沖縄報告が続きました。
今回が最終回にしたいと思います。

与那国島の夜ご飯の撮影を忘れてて、
60℃の泡盛の花酒(飲んだ途端にワァ~と蒸発する感じです)や、
○○チャンプルーや○○チャンプルーの画像などがありません。

IMG_6379.jpg
これは、与那国最後の食事『居所屋どぅーらい』でのランチ。
お肉がとろっとろっでした。

IMG_6402.jpg
島唯一のパン屋さん『パネス』で買った紅イモメロンパン。

IMG_6408_20120222100152.jpg
水替わりのように飲んだオリオンビール。

IMG_6409.jpg
那覇空港で食べた沖縄そば(&泡盛のロック)。
ソーキそば、ソーキそばと言ってました。
トッピングや場所によって名前も違うようですが、
今回の旅で食べた沖縄そばは計4杯。
どれも、それぞれ美味しかったです。
(空港のでさえ、楽しめました)
と言うか、私もシロクマ君も全く飽きませんでした。

IMG_6418.jpg
なので、買ってきた沖縄限定のこんなインスタントも、
美味しくいただいてます。

現在、お教室では、与那国の黒糖とちんすこうをお出ししてます。
もちろん、もれなく沖縄土産話もついております。

おまけ

IMG_6406.jpg
与那国島ー石垣島間は、こんな小さな飛行機に乗ります。
飛行機マニアのシロクマ君、大喜びでした。
(ちょうど席から、車輪の出し入れが見えておもしろかったです)

IMG_6419.jpg
拾ったサンゴ。

IMG_6410.jpg
家に帰って来たら、久々タニタご飯です。
あ、ワインが写ってしまってる・・・



スポンサーサイト
  1. 2012/02/27(月) 23:24:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

与那国島 その4

IMG_6385.jpg

与那国島は、車であれば、観光だけなら1日で終わってしまうかもしれません。
私たちは、1日目を西側、2日目を東側と、半分ずつゆっくり回りました。

浜辺のサンゴを拾ったり、海に手をつけてみたり、
お店の方とおしゃべりしたり、馬や牛さんとも語り合い、
ホテルのスパも利用し、飲んで食べて・・・

生憎のお天気でしたが、小さな島を隅々まで満喫できたと思います。
特に、お店のオーナーさんとは、たくさんお話できて楽しかったです。
(実は、私よりシロクマ君が)

IMG_6369.jpg
IMG_6370.jpg
『ona mahina』では、シロクマ君のTシャツを買いました。

IMG_6373.jpg
『織工房 てぃぬ花』では、島伝統の花織のことを詳しく説明していただきました。

IMG_6403.jpg
比川の塩入お守り袋を母らのお土産に買いました。
藍染や赤い色が入ることがとても高価なことだったらしく、
花嫁の打掛だったとか・・・
そんな、お話もお土産です。

IMG_6390.jpg
IMG_6392.jpg
『雑貨・工房 さくら』は、1番本土っぽいお店でした。

IMG_6396.jpg
IMG_6361.jpg
IMG_6371.jpg
IMG_6389.jpg
IMG_6399.jpg
IMG_6400.jpg

IMG_6387.jpg
IMG_6391.jpg
IMG_6366.jpg

我ながら、長い・・・

次回で終わります。

たぶん・・・



  1. 2012/02/27(月) 14:41:30|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

与那国島 その3

IMG_6378.jpg

面積28.91km²、人口1,745人、年平均気温23.6℃、年間降水量2,363.5mm。
石垣島からは124kmの国境の島で、台湾までは111kmしかなく、
年に数回晴れて澄んだ日には水平線上に台湾の山々を望むことができる。
島は東西に細長く、ちょうどサツマイモのような形をしていて、
起伏は激しいものの自転車でも3 - 4時間で一周が可能な大きさである。

と、改めて与那国島の説明です。
もちろん、コピペしました。

ここを訪れることがなかったら、きっと、
この国境の島のことなんて、一生知らないままだったと思います。
(そんな所、山のようにありますが)

「付き合い」だった私は、『わかなそば』さんに入ったあたりから、
与那国いいかも!って思ってます。
はい、単純です。

IMG_6381.jpg
IMG_6380.jpg
お天気はいいわけではありませんでしたが、
海はとにかく青く澄んでました。
あー泳ぎたい。

IMG_6374.jpg
ティンダハナタへの遊歩道。
自然林の中を歩けます。

IMG_6376_20120222100950.jpg

IMG_6348.jpg
島には、ヨナグニウマ(貴重な日本の在来種)と牛が放牧されていて、
広大な牧草地をドライブするのは、とても気持ち良かったです。

IMG_6347.jpg
IMG_6342.jpg
IMG_6383.jpg
この牛さんの集団はには行く手を遮られ、クラクションを鳴らそうが、
「どいてくださ~い」と懇願しようが、みな、知らん顔。
お食事中恐れ入りますと、ジワジワと車を寄せ、
ジワリジワリと動いていただき、どうにか通過しました。

IMG_6356.jpg
IMG_6355.jpg
そして、旅の最重要目的、西崎(いりざき)の最西端ポイント到着!
シロクマ君は名前入りの「日本最西端の証」もちゃんともらってます。
(空港やホテルなんかで500円で出してくれます)

IMG_6358.jpg

おまけ

IMG_6367.jpg
IMG_6372.jpg
IMG_6394.jpg

こんなひとたちとも出会いました。

そうそう、「テキサスゲート」と言うものを与那国島で初めて見ました。
(画像はありません)
これは偶蹄目の動物の通過を阻止するためのフェンスの一種だそうです。
溝なんですが、小さな蹄の動物は渡ることができないそうです。
タイヤに着いた馬や牛の落し物を、あそこで取ってくれてるんだと思ってました。



  1. 2012/02/27(月) 13:26:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

与那国島 その2

どこへ行っても、まずは、腹ごしらえ・・・

IMG_6313.jpg

IMG_6310.jpg

って、やってる?

与那国島のお店全般に言えることですが、
どこも、やってる?って不安にさせる佇まいです。

で、どこも、やってるんですよ。

IMG_6312.jpg
『わかなそば』で食べたのが今回2杯目のソーキそば。
珍しいとんこつのスープでした。
かなりさっぱりのとんこつで、とても美味しかったです。

IMG_6311.jpg
外には、こんなテーブルもあって、気持ちよさそうです。

『わかなそば』の近くにあるのは・・・

IMG_6337.jpg

これを見て、あー!とわかる方は、見てましたね。
ドクターコトーの診療所です。

行くまで知らなかったのですが、与那国島で撮影されてたらしいです。
ドラマ用に作られて、今では島が維持し、観光名所となってます。
ここ、なかなかおもしろかったです。
本当に上手くできてました。

IMG_6331.jpg
IMG_6330.jpg
IMG_6332.jpg
IMG_6323.jpg
IMG_6320.jpg
IMG_6319.jpg

診察室では、シロクマ君が白衣を着(聴診器片手に)、私が患者となり、
係りの方が、撮影してくれました。
診療所を出る時は、お大事に~と言ってくれます。

それにしても、シロクマ君の白衣姿が妙に似合ってて、
「医者の不養生」って言われるお医者様のようでした。

この後、与那国島の実際の診療所も目にしましたが、
もちろん、もっと近代的です。
現実はそんなもんです。

おまけ

IMG_6364.jpg
なんだかレトロなパッケージが気になって買ってみました。
乳酸飲料でした。
味も懐かしい感じです。

IMG_6314.jpg
屋号のない肉屋さん。
潔い看板でした。





  1. 2012/02/25(土) 22:54:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:3

与那国島 その1(ちょこっと石垣島)

IMG_6307.jpg

早朝ながらも朝食もしっかり食べて、ひとまず那覇を後にします。

まずは、石垣島に到着。
1時間半ほど時間がありますが、動くには中途半端・・・
空港の回りをざっと散歩して、空港でおとなしく、
うかれた飲み物でも飲んで過ごしますか?
ってことで・・・

IMG_6308_20120223130121.jpg
青汁・・・

小さな傘なんかが刺さったようなやつ・・なんてのはなく、
もっと、こう、なんて言うんでしょうか?
南国テイスト的な?空港にしていいと思うんですけどねー。

IMG_6309.jpg

仕方がないので、待合室で地ビールとタラシと言うてんぷらを。
アルコールが入ると、なんとなくうかれた気分になれます。

そして・・・

遂に・・・

IMG_6357.jpg

与那国島!

私の周りには、誰も行った人がいない、未知の島です。
行く前に、シロクマ君に、どうして与那国に行きたいの?って聞いたら、
日本の端から端まで、見ておきたい!
と。

最北端、最南端、最東端は制覇してるらしいので、
残るは最西端、と言うことで、与那国島、と言うわけです。

日本で1番最後に日が沈むところです。

と言うことで、日が沈むまで、与那国島探検です。

おまけ

IMG_6334.jpg
IMG_6340.jpg
IMG_6362.jpg
IMG_6365.jpg
IMG_6375.jpg

那覇で、与那国島に行くんです。と言うと。
「木が違いますよ!」と言われました。
確かに、植物が益々違ってました。

遠くに来たなー。

IMG_6360_20120222101623.jpg
与那国にもシーサーはいるさ~。




  1. 2012/02/25(土) 22:08:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ナハ ナハ 那覇 その4

実質半日しかいなかった那覇報告が、こんなに長くなってます・・・

『ひばり屋』のオーナーさんが教えてくれた、お店やギャラリーが、
すてきだったのですが、撮影は忘れてますので、
屋号だけでも・・・
『GARB DOMINGO』と『陶・よかりよ』。
どこのオーナーさんも感じ良くて、買いもしないのに、
おすすめ飲食店に電話までしてくれたり(残念ながら満席でした)。
もう、これだけで、那覇が大好きになります。

那覇の夜は『陶・よかりよ』のオーナーさんに教えてもらった久茂地方面へ。

IMG_6296.jpg
IMG_6297.jpg
IMG_6298.jpg
IMG_6299.jpg
IMG_6300.jpg
Sさんと再び合流して、2軒はしごして・・・

IMG_6305.jpg
しめは、シロクマ君と二人ソーキそばで。

那覇、最高!沖縄料理、最高!
さぁー、明日は与那国島だ!

おまけ

IMG_6288.jpg
かまぼこ屋さん。


  1. 2012/02/24(金) 13:15:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ナハ ナハ 那覇 その3

シロクマ君 「どこにいるの?」
私      「ニューパラダイス通りってとこ歩いてる」
シロクマ君 「わかった!そこ行くから!」

間もなく、地図も持たないシロクマ君がやってきました。
私は、地図を睨んでても迷子になるって言うのに。

「あそこ、なんかあるんじゃない?」とシロクマ君。
最近、シロクマ君は私好みの店の匂いを嗅ぎ分けることができてきてます。

IMG_6281.jpg
確かに、なんか匂います。

IMG_6280.jpg
珈琲屋台 ひばり屋!!

IMG_6282.jpg
お~!

IMG_6278.jpg
おや、おや、おやー!

IMG_6277.jpg
本当だ。屋台です!

IMG_6276.jpg
なんか、いい感じです。もちろん、いただきましょう!

IMG_6286.jpg

IMG_6284.jpg
シロクマ君は、クマの隣に。

IMG_6285.jpg
私は、トリの隣に。

『ひばり屋』さんには、ちょこちょこ愛らしいものが潜んでいました。

オーナーさんには、他にもおすすめのお店や展情報を教えていただき、
この後も、すてきな出会いがありました。
こういう出会いがあると、旅が俄然楽しくなってきます!

IMG_6279.jpg

那覇報告、長くてすみません。


 
  1. 2012/02/23(木) 22:35:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ナハ ナハ 那覇 その2

沖縄は、5、6回行ってますが、
那覇市街はいつも避けてました。

特に、国際通り。
あそこはいけません。
沖縄を台無しにしてます。

が、しかし、翌日の飛行機が早いので、
今回の宿は、国際通りにあるのです。

こうなったら、那覇の街のディープゾーンを探検をするぞ!

シロクマ君は、ある気になる場所へSさんと。
私は一人、ディープな那覇の街へ。
「では、後でね~」

IMG_6256.jpg←と言いながらも、有名なとこも覗いてみました。
IMG_6257.jpg←沖縄の食文化は、まさにチャンプルーです。
IMG_6255.jpg
IMG_6254_20120223132102.jpg←こういう細い路地にふらふらと入ってしまうので、途中何度か迷子に。
IMG_6258.jpg

なるべく観光客がいなさそうな通りばかりを歩きました。

IMG_6265_20120223131500.jpg
IMG_6260.jpg
IMG_6262.jpg
IMG_6269.jpg
IMG_6267.jpg
IMG_6266.jpg
IMG_6271.jpg
IMG_6291.jpg
IMG_6292.jpg
IMG_6293.jpg
IMG_6295.jpg


IMG_6274.jpg

若い子のおしゃれな通りに入ったところで、シロクマ君から電話が・・・

シロクマ君が合流して、すてきなお店も見つけました・・・

IMG_6272.jpg
シーサーもいるさ~。





  1. 2012/02/23(木) 21:51:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ナハ ナハ 那覇 その1

IMG_6248.jpg

福岡が真っ白になった日(画像ではわかりにくいですが、雪すごかったです)、
極力薄着である地へ・・・

IMG_6273.jpg

それは、沖縄さぁ~。

私、沖縄大好きです。
京都と同様、何度行っても、また行きたくなる場所です。

ただ、今回は、メインは沖縄ではなく、
シロクマ君がずっと行きたがってた与那国島が、
今回の旅の目的地なのです。
与那国島に行くには、那覇→石垣島→与那国島としか飛行機では行けないので、
沖縄(那覇)は通過地点です。

前日まで、シロクマ君に付き合って・・・って気分の私でしたが、
那覇に着いた途端、ウキウキになるのでした。

しかし、ポカポカ陽気を期待してましたが、
日本全国冷え冷えの数日だったので、
さすがの沖縄もさほどポカポカでもなく、
観光客丸出しだろうと思ってたニットの羽織も全然問題ないほど・・・
というか、沖縄の人たち、ダウン着てるんです!
店先の店員さんも、足踏みしながら「寒い寒い」って・・・
そうか!15℃くらいでも、沖縄の人たちには、寒いのですねー。

そんな通過地点の那覇では、まず、シロクマ君のお友達、
那覇勤務のSさん(Sさんは夏のような恰好でした)の案内で、
私の希望の那覇の大衆食堂で、ランチしました。

IMG_6252.jpg←創業40年以上と言う『お食事処 三笠』
IMG_6251_20120223131753.jpg←見本はこんなもんですが、もっとメニューは豊富です。

IMG_6250.jpg←私はふーちゃんぷる食べました。
IMG_6249.jpg←シロクマ君は塩焼きそば(麺はソーキそばの麺)。ご飯付きでした。

お会計は、自己申告で、会計を済ませ車に戻ると、
シロクマ君が「ビールも払った?」と・・・「あ、ビール言うの忘れた!」。
で、再びお店に入って「ビール代忘れてました!」って言ったら、
あーそうなのー。って感じの反応です。
なんか、のどかだなー。

なんくるないさー。

ちょっぴり肌寒い沖縄でしたが、温かい那覇の人たちとのふれあい溢れた半日・・・
短い時間なのに、長い報告となりそうです。

おまけ

IMG_6275.jpg
↑那覇は都会ですが、やはり、草木が違う!

IMG_6294.jpg
IMG_6287.jpg
あ、すみれがもう咲いてる!

IMG_6253.jpg
にゃんこは同じです。









  1. 2012/02/23(木) 14:13:25|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

お教室

コットンパールのロングネックレス、
ご予約ありがとうございました。

今回のお教室のご予約は、これで、一端終了とさせていただきます。

プラス用のパーツ、Bは完売で終了ですが、
Aの方は、後2点残っておりますので、
ご希望の方は、携帯の方にご連絡ください。

土日のお教室は、
2月25日(土)26日(日)、3月3日(土)、4日(日)、10日(土)、11(日)
です。


IMG_6228_20120212225946.jpg
IMG_6229.jpg
  1. 2012/02/18(土) 12:43:52|
  2. お教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

しごと

ヴァレンタインの日、
イムズのアルティアムで『飯島奈美 しごと展』を観ました。

ランチ後のお腹がいっぱいの時観てよかったです。
空腹時に行ってたら、罰ゲームのようになってたと思います。

「かもめ食堂」「めがね」「プール」「南極料理人」など、
飯島奈美さんのフードスタイリストとしての、
美味しそうな仕事ぶりは、知っているつもりでいました。

今回は料理の写真の他、実際使われた食器や、
料理のラフスケッチや、肉じゃがとかって、
メニューのメモも書かれている台本も見ることができました。

登場人物の出身地まで考えて、メニューを決めてたり、
私は、何でも作品の背景を知るのが好きなので、
そういうエピソードが、とても楽しかったです。

飯島さんのお料理は、特別なものではなくて、
その土地の馴染みのあるものや、普段メニューが多いのです。
それを洗練された食器に盛り付けもできるし、
あーあったあった、って感じの絶妙な懐かしいテーブルにもできちゃう。

どんな分野でも、プロのしごとを拝見するのって、勉強になります。
さりげなく仕上げているようで、すっごい労力が実はある。

しごとは妥協しちゃいかん。
うん、そう思います。

おまけ

IMG_6232.jpg
クマもラブラブな日・・・

IMG_6231.jpg
Kさんから頂く義理チョコ、毎年美味しいです。

IMG_6235.jpg
本命は今年も「DEBAILLEUL」です。

IMG_6236.jpg
シロクマ君 「これ、高いの?」
私      「シロクマ君が思うよりは、ずっと高いよ」
シロクマ君 「じゃ、チョコは2年に1度でいいよ」
私      「やだ、箱が欲しいんだもん」

IMG_6164.jpg
DEBAILLEULの紙袋がすてきになってました。








  1. 2012/02/15(水) 21:49:29|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

酒蔵びらき

IMG_6217.jpg

先週のお天気のいい土曜日、『城島 酒蔵びらき』に
Sさん、Mさん、シロクマ君と4人で行ってきました。

IMG_6215.jpg

メイン会場はすごい人で、酒蔵の方がいいのでは?と、
テクテクと移動。

IMG_6211.jpg
IMG_6210.jpg

古いお家やりっぱなお庭の草木を見ながら、散歩気分で歩けました。

IMG_6220.jpg

私たちが回れた蔵は『杜の蔵』『旭菊』『花の露』の三つ。
ちょこちょこ飲んで、ちょこちょこ食べて、
麹や酒粕なんかも買って、甘酒もゴクゴク飲んで、
楽しい1日でした。

IMG_6212.jpg
お雛様も見れました。

IMG_6219.jpg
保存会の方々の「筑後酒造りの唄」がすてきでした。

IMG_6230.jpg
これは、買ってきた酒粕で作った粕汁です。
子供の頃、美味しさがわからなかったのに、
大人になると美味しい!

次は塩麹に甘酒作るぞ!

・最近読んだ本
『四時のオヤツ』 杉浦日向子
『胡桃の家』 林真理子

・最近観た映画
『お引越し』





  1. 2012/02/14(火) 21:35:04|
  2. 福岡市 郊外
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2月&3月のお教室

新作まつりで、すっかり遅れていたお教室のサンプルが、
ようやく完成しました。

みなさんの熱い要望にお応えして、
今回お教室のテーマは・・・

IMG_6225.jpg
コットンパールのロングネックレス 材料費 8300円 

IMG_6226.jpg
2連にもなります。

驚きの軽さです。
なので、前回、前々回のお教室のネックレスと重ねたりが、
苦なく楽しんでいただけます。

IMG_6228_20120212225946.jpg
すてきでしょう?

長さを長くしたり、短くしたりする場合は、
材料費もプラス、マイナスいたします。

サンプルでは、アクリルのクリアビーズをアクセントに使っていますが、
お好みで以下のようなパーツを入れていただいてもすてきです。

IMG_6229.jpg
左:A 右:B パーツ代 400円~

但し、こちらのパーツは数が少ないので、
予約順で無くなり次第、終了させていただきます。

講習費 1500円 お茶とお菓子付き。

急で申し訳ありませんが、日時は後で構いませんので、
作品の予約だけ今週中にお願いいたします。



  1. 2012/02/12(日) 23:25:44|
  2. お教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

温かな地名

今回の新作梅春まつりは、アトリエだったので、
ひまな時は、間に合わなかったものをちょこちょこ作れて、
大変助かりました。

しかし、初日や最終日の雪の日は、それでもシーンとしてて、
時々、気分転換に、母からもらった新聞の切り抜きを読んでは、
ほっこり気分を味わっていました。

IMG_6189.jpg

「好きだと思って、とっとたよ」と、
今、西日本新聞で連載されている、
梨木香歩さんの、『鳥と雲と薬草袋』の切り抜きを、
母が取ってくれてました。

毎回、一つの土地を、温かで優しいまなざしで紹介されています。
決して有名でない、その小さな土地のエピソードや、
地名の語源など、読んでる内に、
訪れたいという気持ちになるエッセイです。

そんな中に、母の生まれ故郷の小さな町が登場していて、
子供の頃、ほんの数回しか行ってませんが、
その文章を読んでいると、海の香りや小さな急な坂道を、
鮮明に思い出してきて、祖父母の声まで聞こえてくるようでした。

私でさえこうなのですから、
母はどんなに懐かしくそれを読んだでしょうか?

人は、そこにずっと居ようが、離れようが、
良かれ悪かれ、故郷を忘れることができません。
その名前を耳にするだけで、両親の声を聴き、
その土地の風を感じるものです。

昨日は、ある用事で西鉄電車で三潴の方まで行ってきましたが、
途中の聞きなれない駅名を、一つ一つ声にしながら、
一人一人にとっては大切な「温かな地名」に、
たくさんの思いが凝縮されている重みを感じました。

おまけ

IMG_6190.jpg
ずっと、冷蔵庫の中に入れていたヒヤシンスを、
新作梅春まつりに合わせて出しました。

IMG_6183.jpg

それにしても、地方自治体の合併で、残念な地名があったりします。
その土地その土地に、昔からの意味のあった名前が、
カタカナの軽い名前に変わったりするのは、
決める方々のセンスの悪さにがっかりです。





  1. 2012/02/11(土) 23:12:44|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vivement le printemps!

Vivement le printemps!
~新作梅春まつり~


終わりました。

雪で始まり、雪で終わり・・・
静かな幕開けと、静かな幕引き。

でも、おかげ様で、金土日月が賑やかで、
エスプレッソマシーンもフル回転でした。

今回の裏タイトルにもあるように、
「新作」って歌ってた割には、新作の数が少なすぎました・・・
反省。

ノロのせいだ~!
(言い訳です)

いつもなら、イベントの後は、脱力感に襲われるのですが、
今回は制作意欲が持続しているので、
もうちょっと一人まつりを続けようかと。
みなさんにお話した、例のお教室のサンプルも急がなきゃいけないし。

Vivement le printemps!

と言うわけで、ひとりまつりで頑張ります!


おまけ

今回もまた、たくさんいただいてしまった。

IMG_6201.jpg
IMG_6193.jpg
IMG_6192.jpg
IMG_6187_20120206224156.jpg
IMG_6186.jpg
IMG_6202.jpg
IMG_6203.jpg
IMG_6205.jpg
IMG_6199.jpg
IMG_6198.jpg
IMG_6197.jpg
IMG_6195.jpg


ありがとうございました!

  1. 2012/02/08(水) 22:27:25|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まつりの途中で思うこと

IMG_6165.jpg

この冬、初の雪景色の二日、新作梅春まつりが始まりました。

しんしんと底冷えする初日が静かに終わり、
まーこんなに吹雪いてちゃあ、仕方ない・・・
風邪ひいてしまいました・・とか、メールも来るし、
うんうん、仕方ない・・・

と、自分を慰めていたら・・・

ちょこちょこ思いがけない方、懐かしい方、いつもの方・・・

嬉しいなぁ。
幸せだなぁ。

毎回、個展をするとしみじみ思うこと。

棚のポッカリ空いた空間を、また、すてきなモノで埋めよう。
支えてくれる人に感謝して、作る努力を惜しまないようにしよう。
自分がいいな、と思うモノを作り続けよう。
自分がいいな、と思えないモノは出さないようにしよう。

まだ二日、新作梅春まつりは残っていますが、
今日、家までの帰り道、そんなことを自分自身に誓いました。

IMG_6182.jpg

IMG_6191_20120206224451.jpg

おまけ

IMG_6188.jpg
節分の日、母の恵方巻きがランチでした。
普通に食べました。

IMG_6185.jpg
その母が編んでくれた、指なし手袋。
お金とかも出しやすいし、これ、なかなかいいです。
でも、これすると、どうしてもあの人を思い出します。
(お風呂屋さんのおばあちゃんですよ)






  1. 2012/02/06(月) 23:53:33|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

新作梅春まつり

いよいよ、明日からとなりました。

a petits pas
Vivement le printemps!
2・2(木)-2・8(水) 12時~18時

(3日(金)のみ、20時までやってます)

Vivement le printemps!
待ち遠しい春

裏タイトルは「新作梅春まつり」です。

しかし・・・
明日、明後日と雪・・・

まったく、毎回毎回、嵐を呼ぶ女です。
やんなります。

みなさん、どうぞ、ご無理をされないでください。

いえ、ちょっと無理していただいても・・嬉しいなぁ。
とにかく、暖かくしていらしてください。

今回は、大橋のアトリエですからねー。
お間違いないように。
期間中は、もちろん、ずっとおります。
時間外に行きたい!と言う方は、事前にご連絡ください。

IMG_5878.jpg

おまけ

IMG_6123_20120130230108.jpg
近所に土日だけだけど、天然酵母のパン屋さん「まどか」がオープンしました。
(嬉しい!)
油山にあるお店の2号店?のようで、お野菜なんかも売っていました。
お店も自宅も、全てオーナーさんが建てたらしく、
パンもお家も作っちゃうってすごいです。
また、さつまいものパン、買いに行こうっと。




  1. 2012/02/01(水) 23:07:51|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。