a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬喰町

問屋街に行くと、
遅いスタートのせいと、
一人でグルグル歩き回るので、
いつも簡単なランチでパパッと済ませてました。

Nさん情報で、馬喰町によさげなお店があるとか・・・
ランチタイムに間に合うように問屋街へ。

ありました。
IMG_1485.jpg
『フクモリ』
(Nさん、ごめんなさい。同じアングルです)

IMG_1484.jpg
お魚のランチ、美味しかったです!
おしゃれなお店のランチって、たまにはずれがありますが、
ここのは、ちゃんとお料理したものが。
お味噌汁も具だくさんだし、小鉢や添えられたお野菜も美味しかったです。
(お店の方の感じも良かったです)

問屋街での一人ランチにいい所ができました!
Nさん、ありがとう!(今度、夜、行きましょう)

そして、これもNさん情報ですが、隣のビルも必見です。
IMG_1487_20090701115302.jpg
古いビル好きにはたまらない佇まい。

IMG_1493.jpg
IMG_1489.jpg
IMG_1491_20090701115053.jpg
IMG_1488_20090701115220.jpg
IMG_1490_20090701115129.jpg
廊下の照明もすてき!

このビルの中にはギャラリーやカフェや雑貨屋さんが入っています。
どこもいい感じです。
1階のジュエリーショップが気になりましたが、
生憎、週末のみオープンらしいです。

最近、下町にすてきなお店がどんどん増えています。
一昔前の「おしゃれな街」には、大きなビルがどんどん増え、
そんな大きな資本に反発するかのように、
自分らしさを表現する若い方のお店が、
下町の中に上手に入り込んでることに、
嬉しさと頼もしさを感じます。

おまけ
IMG_1486.jpg
おや、すてきな自転車!




スポンサーサイト
  1. 2009/06/30(火) 22:14:33|
  2. 気になるお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

笑ってる時間

『人生、泣いてる時間より、笑ってる時間が圧倒的に長い!』

そう言ってるのは、ジリ貧OLの「沈丁花ハナメ」さん。
って誰?
あーとわかる方は観られたのですね。
映画 『インスタント沼』

IMG_1479_20090629124740.jpg

週末、観てきました。
三木聡監督のバカバカしい世界観(褒め言葉です)が好きです。
もちろん、『時効警察』や『亀は意外に速く泳ぐ』も好きです。

今回の『インスタント沼』では、
主役の麻生久美子さんのコスチュームデザインを、
レ・ブリカ・ブラックの山瀬公子さんが手がけてると言うのを知り、
衣装見たさも兼ねて観ました。

やはり、終始バカバカしさ満載でした。
そして、元気になります。

三木監督作品の主人公はもちろん、
登場人物は皆、優しいキャラクターなのです。
ちょっとずるい人もいたりしますが、
皆、なんだか、ひょうひょうとしています。
おまけに、ここどこ?ってロケ地や家なんかが、
全体的にレトロ感があり、そういうところも好きです。

そしてそして、ハナメのコスチュームがかわいかった!

沈みっぱなしの人生だったとしても、
人は笑ってる時間の方が長い・・・
そうだそうだ!

映画館をわぁーって駆け出したくなる、そんな映画です。

おまけ
IMG_1480.jpg
山瀬公子さんの『かわいいクチュールリメーク』
沈丁花ハナメがこの世界を実現させてます。

IMG_1482_20090629124651.jpg
IMG_1481.jpg
最近、母にリメークしてもらったバッグ。
フランスの昔の小麦粉(?)を入れてた袋です。
アンティークのレースを自分で縫いつけ、
アンティークのイカリのパーツを使ってバッグチャームもつけました。
紐の内側や裏地(日傘とお揃いのアンティークの麻)に、
ひよことヨットのアップリケ(前にもらってたものがようやく)もつけました。
時々、ちらっと見えて、くすっと一人笑えます。

IMG_1483.jpg
前回紹介した時、撮影が夜だったためか、
カーキ色がブルーに見えてたので、
再び、このバッグチャームを。
  1. 2009/06/29(月) 13:17:40|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10年愛する・・・

10年着続けている服ってありますか?

私は何着かあります。
10年ってすごい年月って気がしますけど、
意外に着続けているものですね。

若い頃はお給料の大半を衣服に使ったものです。
衝動買いのクセはなかなか直りませんが、
これからは、極力、長くじっくり着るもの、
使うものを選んでいけたらと思ってます。

ちょっと前に少しお話しさせて頂きましたが、
そう思わせてくれる人に出会いました。

10年1着』さんです。
以前、マスタード色のバッグを紹介しましたが、
あれの前にワンピースをオーダーしてたのです。

シンプルで、流行に関係なく、
アクセサリーが映えて、個展やかしこまった所でも着られて・・・
そう言うわがままな希望を満たしてくれるワンピースを、
ずっとずっと探していました。

あるイベントで、言葉を選んで一生懸命話すその人を見て、
この人ならそれが作れる!って直感しました。

打ち合わせから始まり、トワル(シーチングで作る立体型紙)の試着、
生地問屋街での布選び・・・
その一つ一つのプロセスの中に、いつも手を抜かないその人の姿勢がありました。

そして、出来上がったのがこれです。

001_20090626215631.jpg
004_20090626215657.jpg

わがままを言って、袖を細くしてもらいましたが、
全然窮屈ではないのです。
着心地が良いと言うのはこういう事を言うのだと、
初めて知りました。
パターンと仕立ての良さが作り出す美しいライン。
シンプルだからこそ、それがわかります。

ずっと愛せるものがまた一つ増えました。

IMG_1478.jpg
先日のマスタード色のバッグには、
バッグチャームを作りました。

美しいものを作り出すその人自信も美しい人です。
006_20090626223649.jpg

  1. 2009/06/26(金) 22:33:32|
  2. お気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

変貌と不変 in博多

博多報告に戻ります。

お客様から、「荒戸の長屋にケーキ屋さんができてるみたいですよ」
と聞き、お教室の合間に行ってきました。

033_20090623185715.jpg
ありました!
「KURUMI」と言う名前のケーキ屋さん。
ここの長屋一帯は、ずっと残っていて、
いつも頑張れ!と思いながら、密かに見守っていた長屋です。
若い方の店舗での活用。
こういう活かされ方もよいと思います。

ケーキは長屋に似合う素朴なケーキでした。
(食べてしまって画像はありません)

034_20090623185734.jpg
お隣はギャラリーでした。

博多の変貌を感じつつ、変わらぬ味も楽しみます。

038_20090623185546.jpg
037_20090623185530.jpg
大好きな博多のおうどん。

035_20090623185504.jpg
母が作ってくれたちらし寿司。
村上春樹のエッセイの中にも、
関西の人間にとっては、ちらし寿司とくれば、
こう言う混ぜ寿司だと書かれていました。
私も同感です。

020_20090623185421.jpg
Yさんが手土産にくれた、韓国本場の味、
チャンジャとザーサイとごまの葉と韓国海苔。
お昼におにぎりにしたら、その美味しいこと!
Yさん、ありがとうございました!

040_20090623185824.jpg
ご近所の『バルチーバ』も、相変わらず美味しい居心地の良い店です。
週末、やってきたパートナーと、
博多での結婚記念日をお祝いしました。

042_20090623185855.jpg
039.jpg
これからも仲良く楽しく過ごしましょう!
乾杯!


  1. 2009/06/25(木) 13:49:07|
  2. 博多報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

想い出の輝く場所

博多報告の途中ですが、
今日観た映画 『夏時間の庭』 のお話しを・・・

Cさんから教えてもらって、レディースデーの今日観てきました。
フランス映画が苦手な方は観ないで下さい。
結末が実にフランス映画なので。

しかし、話しがどうじゃこうじゃ以前に、
イル・ド・フランスのその家と庭のすてきなこと!
美術館級の(実際オルセー美術館の協力の美術品たち)
貴重なアンティークの家具や花器、そして絵画・・・
生活の中にどっぷり良い感じに使われているのです。

ジュリエット・ビノシュなんてどうでもいいから、
(彼女のファンの方ごめんなさい)
もっと、家と庭を、もっと!
そう思いながら観てしまいました。

私も美術館等で、有り難く色々なものを観ますが、
物だってガラスケースの中でうやうやしく並べられるよりも、
日常の生活の中で普通にその役目を果たすことの方が、
きっと幸せに違い有りません。

ティーカップにはお茶を、
花器には花を・・・

庭には花や果実が実り、小鳥のさえずりが聞こえ、
家の中には、溢れる想い出と「古くさい」物もの・・・

誰もが大切に持っている想い出の輝く場所・・・

夢物語だけで終わらせてくれない現実に、
こんな事が世界中で起こってるんだろうと、
美しいものを観られた満足と、切なさを同時に感じながら、
映画館を後にしました。

興味のある方は『夏時間の庭』の公式サイトをご覧下さい。
http://natsujikan.net/

おまけ
007_20090624221901.jpg
先日、お給料日にそのまま即買ってしまった古い物たち。

005_20090624221918.jpg
この時期、あじさいの美しいこと!

  1. 2009/06/24(水) 22:22:50|
  2. 映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

博多グルメ

ブログの更新をさぼってた分、
できる時は飛ばしております。

さて、博多のお教室とくれば、博多グルメ。
今回も例のメンバーでの会食。
Yさんが連れてってくれたお店は、
呉服町の「白つぐ」
すてきな大人の和食屋さんでした。

012_20090623183159.jpg
013_20090623183212.jpg
014_20090623183223.jpg
015_20090623183234.jpg
017_20090623183305.jpg
018_20090623183319.jpg

「白つぐ」どれも美味しかったのですが、
私の1番のお気に入りは、若い大将がすすめてくれた、
冷酒に合う焼き魚。
016_20090623183248.jpg
名前を覚えてませんが、深海魚だと言ってたような・・・

女4人で飲む美味しい日本酒、美味しい魚。
博多、やっぱり好きだな~としみじみ思うのでありました。

  1. 2009/06/23(火) 18:40:31|
  2. 博多報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

里帰り教室

北海道から帰ってきて、間もなく博多へ。
梅雨入りしたはずなのに、カラッと晴れた暑い毎日でした。

まずは、里帰り教室のご報告を・・・

011_20090623175007.jpg
008_20090623175019.jpg
名前を忘れてしまったバラ。
お教室の間、ずっと元気でいてくれました。

010_20090623175029.jpg
009_20090623175044.jpg
淡いローズ色のスカビオサ。

022_20090623175151.jpg
021_20090623175203.jpg
Oさんからお庭の花のブーケを頂きました。
ミント等のハーブの香りもよく、
お花屋さんとは違う、可憐な花たちがかわいい。

036_20090623175235.jpg
Kさんから頂いた手作りのわらび餅。
開けるのがもったいない、おしゃれなパッケージ。
小さなお子さんがいるのに、こういうゆとり感がKさんのすてきなところです。

今回もこの他に銀座の貴重な和菓子や、
金沢のかわいいお菓子を頂いたのに、
おしゃべりと食べるのに夢中で撮影を忘れています。
みなさん、ありがとうございます。

回を重ねる毎に、みなさんのアクセサリー製作の上達具合に目を見張ります。
テーマ製作もさくさく進むし、自由製作の方も力作揃い。
長時間の集中力も凄い。

019_20090623175113.jpg
Yさんのピアス。
よく頑張りました!素晴らしい!

023_20090623175132.jpg
Sさんのネックレス。
上品な色合いです。

  1. 2009/06/23(火) 18:16:07|
  2. お教室
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トワイライトエクスプレス 後編

北海道報告も終わらないうち、
博多の里帰り教室より帰って参りました。
博多報告は次回からと言うことで、
トワイライトエクスプレス後編を・・・

135_20090611232332.jpg
両親の金婚式記念ディナーの前に、
白ワインで乗車記念の乾杯を。

142.jpg
そして、いよいよフランス料理のコースディナーです。

144.jpg
147_20090611232700.jpg
148.jpg
149.jpg
150.jpg
151.jpg
152.jpg
日本では、現存する食堂車は、3つだけだそうです。
その一つがこのトワイライトエクスプレスのレストランカーです。
ミステリー小説であれば、殺人事件が起こります。
しかし、現実は何も起こらず、美味しいお料理を頂けます。
(当たり前です)

153.jpg
両親が部屋に戻った後、パートナーと私はまだ飲み続けました。

155.jpg
156.jpg
ぐっすり眠った翌朝、車窓の風景を楽しみながら、
レストランカーでの最後の食事、朝食もすてきでした。

札幌から大阪までの列車の旅。
時にはこんなゆっくりのんびりの移動もいいものです。

そして、北から南へ。
次回からは、博多です。


  1. 2009/06/22(月) 17:00:09|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

トワイライトエクスプレス 前編

『列車の感動とホテルの快適を乗せた
豪華寝台特急「トワイライトエクスプレス」。
旅のロマンと楽しみを満喫する、
およそ22時間のグランドドラマです。
優雅なくつろぎをお届けする客室、
本格フランス料理を味わえるレストラン、
華やかな社交場となるサロンなど、
贅をつくしたおもてなしの数々。
さあ、舞台はととのいました。
あなたはここでどんな旅の夢を演じられるでしょうか。』

トワイライトエクスプレス 先頭
上のちょっと大げさなコピーはパンフレットから抜粋しました。
父の夢(これもちょっと大げさ?)だったトワイライトエクスプレスに、
いよいよ乗車します!

トワイライトエクスプレス 個室
父と母は個室。

140.jpg
パートナーと私はコンパート。
誰も来なかったので、結局、私たちも個室状態でした。

トワイライトエクスプレス サロン
サロンカーも快適でした。

133.jpg
ロココ調のレストランカー。

154.jpg
134.jpg
このレストランカーで、金婚式記念ディナーを頂きます・・・


  1. 2009/06/12(金) 00:26:34|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょっと寄り道

111_20090611230315.jpg

北海道を後にする前に、
パートナーの実家に寄りました。

ここにも美しい花々が・・・
109_20090611230211.jpg
110_20090611230247.jpg
クロユリ
112_20090611230347.jpg

義父が用意してくれていたバーベキュー。
BBQ.jpg

森
みずみずしい緑の北海道を後に、
今回の旅のメインへ・・・

トワイライトエクスプレス サイン
  1. 2009/06/11(木) 23:48:37|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道の美味しい物

010_20090611215527.jpg

美しいもので胸がいっぱいになると、
なぜかお腹がすいてきます。
4人で食した北海道の美味しい物を一部ご紹介!
(道々のつまみ食いまで入れると、とても紹介しきれません)

008_20090611215432.jpg
本場のほっけの美味しいこと!

009_20090611215500.jpg
子持ちししゃもとアスパラベーコン。

011_20090611215547.jpg
ホタテのバター焼。

012_20090611215605.jpg
焼カニ。

013_20090611215626.jpg
私は食べませんが、ウニイクラ丼。

105_20090611215749.jpg
サホーク(顔の黒い羊さん)

アスパラガス
どこで食べてもアスパラガスが美味しかった!

ラーメン
ラーメン大好きなパートナーに付き合って、夜中ラーメン。

107.jpg
108_20090611215847.jpg
ホテルの朝食。

心もお腹も満たされた4人。
次に向かうは、パートナーの実家です。




  1. 2009/06/11(木) 22:20:19|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

礼文島 後編

レブンアツモリソウ 群生

約300種類の高山植物が生育している礼文島は、
「花の島・礼文島」と呼ばれています。
私たちが訪れたこの時期は、
まさに「海の上の北方植物園」でした。

レブンアツモリソウ
このぷっくらしたかわいい花が、
礼文島固有種の『レブンアツモリソウ』
今でこそ、散策路以外は歩行禁止となって、大切に保護されていますが、
数年前までは、「他にはない」と言うことで、
(人はどうして、このキーワードに弱いのでしょうか・・・)
観光客がわんさか抜いて行ったらしく、
島中に咲いてたレブンアツモリソウが、
今では、極一部でしか見られないそうです。

海抜ゼロメートルで咲く、高山植物の礼文花図鑑をどうぞ!

ミヤマオダマキ
ミヤマオダマキ

エゾエンゴサク
ハクサンチドリ

イワベンケイ ネムロシオガマ
イワベンケイ
ネムロシオガマ

礼文島 その8
1礼文島 花
名前が覚えられなかった花たち・・・
(図鑑にならない・・・)

自然的、人為的要因から貴重な植物群落が年々減少し、
絶滅寸前のものもあるとか・・・
日本の最北端の島で、ひっそりと咲く花々。
どうか、ずっと咲いていますように・・・

そして・・・
フェリー
前回、不穏なムードで終わってましたが、
帰りのフェリーで母がデジカメを落としてしまい、
私以上に花図鑑を作る勢いで撮影していたのに、
稚内をずっと後にした車中で気づき、
大しょんぼりの母・・・
その時点で、まだフェリーの中だとわからず、
考えられる限り電話をかけたところ、
無事、フェリーの中で発見され、
一同大喜び!

ほっとした母は、昔、大金の入った財布を落とした父の話しになり、
私まで「それ、覚えとうよ!」と応戦?
母がデジカメを落とし→見つかり→父の昔の失敗話しに花が咲き・・・
と父としては腑に落ちない展開に。
そんな、ちびまるこちゃん的な雰囲気の中、
旅はまだまだ続くのであった・・・

*礼文島の知識、花の名前等、「礼文島」パンフレットを参照しております



  1. 2009/06/11(木) 15:42:10|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

北海道 礼文島(前編)

北海道 ブログ

北海道に行ってました。

と言っても、パートナーとの帰省旅行ではなく、
(最終日にパートナーの実家には寄りましたが)
私の両親の金婚式記念旅行に、
私とパートナーも便乗してきました。

今回の大きな目的は2つ。

・母が行きたかった礼文島に行く!
・父が乗りたかったトワイライトエクスプレスに乗る!

全国的にお天気がぱっとしないようでしたが、
旅行中、雨も降らず、北海道の美しい自然と美味しい物とで、
心とお腹がいっぱいになった4人です。

まずは母の念願の礼文島へ。

北海道 かもめ
稚内からのフェリーでは、カモメにたくさん会えます。

礼文島の絶景の数々!

礼文島 その4
ジュラシックパーク?

礼文島 その9
アルプスのハイジの家?

礼文島 その1
北海道 その11
北海道 その12
礼文島 その2
礼文島 その3
最北限だけあって、寒かったです。
おまけに凄い海風。
でも、負けずに昆布ソフトクリームを食べる父。
ふらふらよろけながらも、花の撮影に余念のない母。

そして、この後、母に訪れる災難を知らず、
寒さや風さえも楽しいと思えた4人なのであります・・・

礼文島 その5










  1. 2009/06/09(火) 10:13:29|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

長屋暮らし展 番外編(ぐっとくるお店)

長屋暮らし展<皐月>の番外編。
下町グルメのお話しです。

「直やのおうち・展示室」は東向島にあります。
この界隈、ディープなぐっとくるお店がわんさかあります。
この「ぐっとくる」はCさんが言ってた言葉で、
あまりにもぴったりなので、真似してます。
レトロでも、きゅん、ではなくて、
ぐっとくるお店なのです。

016_20090603232304.jpg
まずは「あきら」
あきらと言う屋号にぐっとき、
基本ベースは洋食屋なのに、
居酒屋のようなメニューもあると言うのに、またぐっときます。
(オムライスもあるし、チジミや日本酒もございます。ふふ)

015_20090603232405.jpg
気になるメニューがいっぱいありましたが、
まずは、オムライスにしました。
美味しかった!です!

013_20090603232326.jpg
Nさんの頼んだミックスフライの付け合わせに大根が。
いいなぁ、あきら。

014_20090603232346.jpg
この三角ナプキンも正しいです。

008_20090603232437.jpg
ここは、ずっと行きたかった「カド」
でも、定休日でした。
そのおかげで、ちょっといい事が!

「カド」の近くの喫茶店「スワン」に行きました。
今の形の「スワン」は今月いっぱいまでのようです。
来れて良かった・・・でも、残念。

014_20090603232615.jpg
こういう椅子と机って正しい喫茶店って感じですよね。
新しいお店は、息子さんがイタリアンレストランにされるらしいです。

009_20090603232457.jpg
Cさんは生オレンジジュース。

010_20090603232513.jpg
011_20090603232530.jpg
私はコーヒーとスワンサンド。
スワンサンド、ボリュームたっぷりです。
卵もちゃんとゆでたてで、トーストはかりっと焼かれていて、
とても、ほっとする味わいでした。

スワンもサンドイッチやパフェもある傍ら、焼きそばもあったり、
下町のラインナップはぐっときます。
そして、お安い!

しかし、どこの洋食屋さんも喫茶店も、店主の高齢化で、
そのままの形でずっと営業って言うのは難しいようです。
下町、もっともっと訪れないと!!

そしてそして、「スワン」ではちょっといいお話しが・・・
でも、これはずっと先にお話ししたいと思います。

明日より、ちょっと旅に出ます。
旅の土産話はまた、来週・・・




  1. 2009/06/03(水) 23:50:47|
  2. 気になるお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

長屋暮らし展 その3

013.jpg

今回の長屋暮らし展<皐月>では、
日替わりのワークショップがありました。
どのワークショップも楽しそうで、
側で見ている者まで、飛び入り参加をしたくなるような毎日でした。

a petits pas のワークショップはbagチャームを作って頂きました。
久々のNちゃんや、噂のお友達にも会え、
前回お買い上げ頂いたKさんも参加して頂き、
そして、全員、手の掛からない優等生で、
あっという間に出来上がりました。
(こういう場合、嬉しいやら、寂しいやら・・・)

014_20090603112122.jpg
お着物で参加のKさんは、根付けに変身!

Nちゃん達も早速バッグにつけて帰ってくれ、
皆さんのバッグや帯で揺れる作品が、
きらきらと輝いて見えました。

我慢できず、私も参加したのが・・・
IMG_1229.jpg
鈴木陽子さんの絵付け体験。
ドット柄にしようか、縞にしようか悩んだ末、横縞に。
初めてだったので、とりあえず1セットにしましたが、
出来上がりを見て、下手さの味わいが意外に良くって、
あーやはり、2個セットでやるべきだったと、後悔。
横で直やさんが「でしょう~」ってにやにや。

IMG_1230_20090603112343.jpg
早速、一人おやつで活躍。
んー満足。そして、後悔。

もう一つのワークショップは・・・
IMG_1232_20090603115456.jpg
和*榮堂さんのリネンのあづま袋。
私はちくちく仕事が苦手で(半ばコンプレックス)
本当はすっごく気になってるけど、出来ない・・・
って思っていたら・・・「はい、どうぞ」とSさんが!
材料費だけで先生に作ってもらってしまった(ラッキー!)
ミント色のあづま袋!
エコバッグとしても大活躍です。

最終日の直やの数寄屋袋もすてきでした。
アクセサリー入れによさそうで、
いつか、相談してみようって、
勝手に妄想したすてきな袋でした。

物作りって楽しい!
教える側も教わる側も、そんな気持ちでいっぱいになるワークショップ。
また、ちょこちょこ出来たらなぁ~と、
そう思える4日間でした。

ちょっと長くなったので、下町の気になるお店情報は次回に・・・



  1. 2009/06/03(水) 11:32:45|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

長屋暮らし展 その2

001_20090602121655.jpg

長屋暮らし展<皐月>が終わりました。
今回は4日間だったので、短かったのですが、
生憎の天候の割に、濃い4日間でした。

もう、あの空間に通わなくていいのかと思うと、
ちょっと寂しい、ような・・・
準備の段階では、夏休みの宿題が出来ていない子供のように、
泣きたい状態だったのにもかかわらず、
終わってしまうと、一抹の寂しさが残るのが、
展の後のいつものパターンです。

さて、気を取り直して、
前回、紹介してなかった、陶器としつらえを・・・

009_20090602122536.jpg
鈴木陽子さんの陶器。
さっぱりした人柄の陽子さんが作り出す、
力強い作風がすてきです。

010_20090602123127.jpg
展示室のオーナーでもある、直やさんとBOTANICAのコラボ作品。
部屋の空気を清浄化してくれるような、
風を感じる作品です。

展の合間、この魅力的な作家さんたちと、
差し入れのお菓子をつまんだり、
お茶を頂きながらのおしゃべり。
そんな一時も楽しみな4日間でした。
016_20090602124109.jpg

おまけ
007_20090602124156.jpg
ディスプレイに欠かせないお花。
長屋の窓辺に似合う、小さなお花を飾りました。

次回は、ワークショップと下町の気になるお店のお話しです。


  1. 2009/06/02(火) 12:45:38|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。