a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

喜寿祝い

北海道報告に戻ります。

今回の北海道への帰省は、
義父の喜寿祝いがメインイベントです。

野獣化したおちびちゃんらが駆け回る中、
熱燗がくいくい進んでしまう、悪い嫁?です。
IMG_0127_convert_20081126224758[1]
IMG_0134_convert_20081126224932[1]
IMG_0136_convert_20081126225129[1]

最後は、皆でハッピバースデーの歌を合唱し、
ケーキの登場です。
IMG_0142_convert_20081126225253[1]

義父がよく言う北海道弁の「なんも、なんも」
誕生日ケーキを前に満面の笑みの義父。
77年の人生は、きっとなんもなんもではなかったのでしょう。

IMG_0125_convert_20081126224655[1]
義父自慢の庭。

スポンサーサイト
  1. 2008/11/30(日) 00:34:53|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

工芸展と下町

北海道報告を中断して・・・

IMG_0168.jpg
いちょう並木が黄色く色づく浜町公園のすぐ近く、
ギャラリーA/Nで行われている「工芸展」を、
Nさんと観に行ってきました。

IMG_0166.jpg
12月に行う「長屋暮らし展」でご一緒する、
HさんとNさんの作品がすてきに並んでいました。
お二人の作品力、素晴らしい。

IMG_0167.jpg
「工芸展」30日まで。

帰り、「甘酒横町」を見学しながら人形町へ移動。
行列のたい焼き屋さんや、
IMG_0169.jpg
伝統工芸のつづら店「岩井つづら店」が。
お店の回りには漆の塗られる前のつづらがずらり。

その後は曳舟から押上へ移動。
気になるお店がたくさん。
最後にNさんが連れてってくれた、
手打ち蕎麦「朴仙」
あまりにも美味しくて撮影も忘れて、食べる食べる。
だし巻き卵、天ぷら、そして、揚げもち蕎麦。
どれも絶品です!

おまけ
もうすぐお誕生日のYちゃんに、
恒例のパンケーキをご馳走しました。
IMG_0162.jpg
IMG_0160.jpg
カプチーノにクマが。
  1. 2008/11/29(土) 23:51:44|
  2. 展覧会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

時計台と電車

IMG_0089_convert_20081126224010[1]
北海道の帰省の度に、必ず訪れる街が札幌です。
いつもは通過してしまっている「時計台」を見学しました。

IMG_0101_convert_20081126224529[1]
1世紀以上も現役で時を刻む時計塔。

IMG_0092_convert_20081126224112[1]
IMG_0097_convert_20081126224410[1]
ミント色の壁や生成の階段がすてきです。

IMG_0095_convert_20081126224302[1]

ところで、北海道の家は二重玄関です。
なので、電車も二重ドアです。
IMG_0088_convert_20081126223722[1]
北国では当たり前なのでしょうが、
九州出身者には珍しいのです。

おまけ
IMG_0082_convert_20081126223530[1]
道の駅で食べたきのこ汁と焼きもろこしコロッケ。
おいしい!
  1. 2008/11/27(木) 21:57:41|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

夜の底が白くなる

国境のトンネルを抜けると・・・

IMG_0061_convert_20081126231339[1]
雪国であった。

川端康成の「雪国」の有名なフレーズ。

千歳空港に着いた時はまだ、
北海道という実感がありませんでしたが、
北湯沢という温泉地に向かう車の中、
トンネルを抜けると、本当に「雪国」が。

IMG_0057_convert_20081126222706[1]
この冬、初めての雪。
寒さを忘れ、しばし見とれてしまいます。

九州出身の私にとって、北海道は冬になると、
どこも雪が深く降り積もっているイメージでしたが、
パートナーの実家付近は、そんなに積もらないらしく、
無知な私のようなものは、テレビではない、
実質の見聞はとても大切な経験です。

「雪国」のあの後は、
「夜の底が白くなった」と続きます。
旅館の窓におでこをくっつけて外を見ると、
その表現のすてきさが実感できます。

IMG_0074_convert_20081126223212[1]
ロマンチックな気分の後は、色気より食い気です。
IMG_0075_convert_20081126223313[1]
北海道と言えば、カニ!ですよね。
IMG_0079_convert_20081126223426[1]
朝ご飯もしっかり頂きました。

北海道報告、まだまだ続きます。

  1. 2008/11/27(木) 00:11:52|
  2. 北海道報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

準備万端?

IMG_0054.jpg
明日から北海道へ帰省のため、
今日はいろんな準備の日。

まずはクリスマスディスプレイ。
IMG_0051.jpg
IMG_0053_20081122110638.jpg

午後は荷造り。

来月は・・・

長屋暮らし展
年賀状制作
大掃除
忘年会
もちつき

ちなみに、今日は「いい夫婦の日」だそうです。
でも、ラジオであるアンケート結果が。
既婚の女性50%は「生まれ変わったら、今の夫と結婚したくない」だそうです。
現実は厳しいですね。

おまけ
IMG_0050.jpg
パートナーのお土産、ボジョレーヌーボーとチーズ。

  1. 2008/11/22(土) 11:32:21|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

心の栄養

IMG_0047.jpg
ジャンピーエール・ジュネ監督の映画「アメリ」の中には、
理想のパリの街が映し出されます。
(縦列駐車の車もない!ワンちゃんの落とし物もない!etc・・・)
メトロのポスターも映画用のポスターなのだとか。

パリのメトロの広告ポスターのサイズはとても大きいのです。
カーブのある壁面に貼ってある、それらをぼんやり眺めて、
地下鉄を待つのも楽しみの一つです。

先日、福岡から仕事で上京してたIさんと、
渋谷PARCOに入ったら、
「パリの空のポスター描き サヴィニャック作品の歩み」展があってました。

レイモン・サヴィニャック、
フランスのユーモアとエスプリあふれるポスター作家です。
IMG_0021.jpg
IMG_0026.jpg

40歳を過ぎて制作した「牛乳石鹸モンサヴォン」で、
一躍スターとなったサヴィニャック。
豊島園のポスターはリアルタイムで、
電車の中で見てたので、
今思うと、失敬しておけば・・・(いやいや、いけませんね)

サヴィニャックを見ると、私はいつもブルーナも一緒に思い出します。
IMG_0028.jpg
オランダのディック・ブルーナ。
ミッフィーで有名なグラフィックデザイナーです。
IMG_0025.jpg
単純な図像と色彩豊かな二人です。

評論家でもない私の勝手な感想ですが、
ブルーナの真面目な愛らしい画風に対して、
サヴィニャックやジュネ監督や、
フランスのクリエイティブな人たちは不真面目な愛らしさがあります。
ユーモアとエスプリ、ウィットとシック。

芸術の秋。
(もう冬ですが)
画集を広げて心の栄養をとりました。






  1. 2008/11/21(金) 14:21:32|
  2. お気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

優雅ランチ

「一人の時は納豆ご飯だよ」
「私もよ」

IMG_0009_20081119222758.jpg
久しぶりのKさんとのランチ。
青山の「AWkitchen」で、
平日の優雅ランチにちょっと後ろめたい二人は、
普段はいかに粗食かを競い合うように発表をします。

IMG_0010.jpg
IMG_0011.jpg
IMG_0012.jpg
IMG_0013.jpg

お互い作家活動を続け、もう数年・・・
グルメのKさんは、美味しい物情報から、
すてきな物情報まで、いつもたくさんの情報をお持ちです。

パスタのソースまで残さず、きれいさっぱり平らげた二人。
青山散策で心もお腹も満足です。

「今夜はおかゆにするわ」
「私も」






  1. 2008/11/19(水) 23:13:43|
  2. ちょこちょこと美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

俺様ファッション

ファッションチェック。

お昼のテレビ番組のコーナーではありませんが、
お茶をしながら、街行く人々を、
独断と偏見、全くの主観で、密かにするのって、
ちょっと楽しいのは私だけでしょうか?

そんな時、気の合う毒舌な友人が一緒だと、
楽しさ倍増です。
あまりにもヒートアップし過ぎて、
「ねー私たちって何様?!」

なのに、この俺様な私のパートナーは、
ファッションに疎い人です。
よその辛口コメンテーターにやられないためにも、
(日本経済のためにも、です)
我がパートナーにも新調してあげなくては!

IMG_0018.jpg
我ながら、かわいいスタイリングができ、満足です。
早く、うちの着せ替え人形は帰ってこないかなぁ・・・

おまけ
IMG_0024.jpg
小さな小さなニットのバッグ。
Kさんから頂きました。
「ミノムシバッグ」ネーミングにもきゅん。



  1. 2008/11/19(水) 00:47:10|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

日本経済のため・・・

先日、海外旅行へ行く知人が、
旅行用の靴を買ったと見せてくれて、
海外でもたくさん買い物するのに、
女って・・・と皆で笑ってしまいました。

IMG_0008.jpg

しかし、よくよく考えると、
来週の北海道の帰省用にと、
せっせと温かそうなボトムやマフラーを買っている自分が。
どこかに行くとか、何かがあるとか、
女という生きものは、何故こうも新調したくなるのでしょうか?

日本は金融危機の傷が、先進国の中では比較的浅いとか。
これも、日本のため・・・

パートナーは日本経済のため?に、
デジカメを新調しました。
服や雑貨は買いたいくせに、
メカものに興味のない私ですが、
新しいデジカメに色々な機能が付いてて、
ちょっと楽しいです。
IMG_0007.jpg
ワンポイントカラーと言うモードで撮影してみました。

おまけ
IMG_0001.jpg
お仕事で上京したIさんと、トップスでカレーを。

  1. 2008/11/17(月) 23:41:28|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

鈍色の空には幸せ色を!

「11月はうらがなし、世界をぬらし雨が降る」

これは誰の詩だったでしょうか?
確かに、冬の雨はうらがなしさがあります。

先日、Yちゃんと一緒に歩いてて、
ほとんどの人たちが、黒っぽいコートを着てるということに気づきました。
私は、その時は真っ赤なコート。

どんよりした鈍色の冬の空に、黒い人々。
クリスマスのイルミネーションがキラキラしているのに、
冬の雨の日は、なんだかうら悲しい。

ですが、私は全身真っ黒ってことは、ほぼありません。
真っ赤なコートやまっピンクのマフラーやま緑のバッグなど。
差し色ばかな女です。

IMG_3864.jpg
そして、足下。
カラータイツ大好きです。
今年は厚手のタイツのカラーの豊富なこと!
先日も西武の優勝セールで、パープルとからし色を購入しました。

北欧のテキスタイルなどが、鮮やかな色合いなのは、
長く暗い冬を過ごす人々の、太陽への憧れなのでしょうか?
私のちょこちょことした幸せ好きは、
こういう差し色好きさに出ています。

おまけ
IMG_3865.jpg
我が家の稲くん(と言うか、やはり稲でした!)
ちょっと時期がずれてますが、実ってます。

  1. 2008/11/16(日) 14:37:54|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

すてきな一日

IMG_3857.jpg
パートナーの仕事の都合で、
今朝は4時半に起きました。
もちろん、外は真っ暗。
朝支度の台所は、冬の空気感が漂います。

近頃の日の出は6時頃。
東の空が明るくなってきて、
夜のとばりがじわじわと上がってゆく様に見とれました。

早朝は冬の予感でも、
昨日のお昼間は小春日和。
Nさんと目白へ。

IMG_3862.jpg
IMG_3863.jpg
「Brasserie La mujica(ブラッスリー ラ ムジカ)」でランチ。
フレンチの郷土料理のボリュームのあること!
親知らずのお陰で、おちょぼ口でかなり時間をかけての食事です。
前菜もメインも美味しかったです!
(もう病人食は嫌だ!)

その後、すてきな古民家ギャラリー「ゆうど」に行ったり、
池袋のこれまたすてきな純喫茶「蚤の市」に行ったり、
久々の外出がとても満足できました。
Nさん、すてきなところを教えて頂きありがとうございます。

すてき繋がりですが、
お花チョイスの達人Yちゃんが、
すごく好みなお花をくれました。
IMG_3859.jpg
かわいい!!
Yちゃん、ありがとう!
  1. 2008/11/14(金) 11:45:52|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

親知らず

シクシク、ズンズン・・・

痛くて目が覚めました。
鏡で自分の顔を見ると、腫れてる!
右ほほが赤く、腫れてる!
犯人は・・・

親知らず。
しかも、完全に隠れている親知らずなので、
口腔外科行きだそうです。
怖い!!!
先生の説明を聞きながら、目は涙目です(いい大人が)
親も自分自身さえも、知らずにいたかった。

ほほが腫れてるおかげで、口が十分に開けられず、
食事は柔らかいものばかり。
こんな時に限って、トンカツなんかが恋しくなります。

IMG_3845_20081112234447.jpg
IMG_3844.jpg
ミルクプリンとカボチャプリン。
トンカツを食べた後に食べたいです。

おまけ
IMG_3850_20081112234417.jpg
パートナーからのお見舞いお土産は、
お花といももち。
トンカツの後に・・・

  1. 2008/11/12(水) 23:53:16|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

定食

一つ具合が悪くなると、定食のように、
体が他にも違うメニューをセットしてくれます。

先週から風邪に始まり、皮膚科と歯医者も行き、
「もう、やだ・・・」と待合室でしょんぼり。
病は精神までもむしばみます。
本当に元気が一番。
どうぞ、お体大切に・・・

しょんぼりしながらも、食べることだけは忘れません。
IMG_3847.jpg
IMG_3848.jpg
IMG_3849.jpg
体も病気の定食なので、
週末のパートナーとのランチも定食で。

帰り新宿伊勢丹で、
ずっと気になってた「円果天」のプチ月餅を買いました。
IMG_3851.jpg
IMG_3856.jpg
木の実餡にはぎっしりの木の実が。
プチ月餅、小さくてかわいいし、美味しいので、
手土産にいいかもしれません。


  1. 2008/11/11(火) 13:06:25|
  2. ちょこちょこと美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

古着自慢

予告どおり、今回は古着自慢です。

毎シーズン、ダメダメと思いつつも、
ちょこちょこ服を買ってしまってますが、
本当にずっと気に入って着続けているものというのは、
私の場合、古着です。

何十年前の人の着古したものですから、
あちこちにほころびがあり、破れているものも・・・
「あ、スカート穴あいてるよ!」
「うん、知ってる」
そんな会話もよくあります。

IMG_3832.jpg
IMG_3837.jpg
この手のコットンのワンピースやスカート(昔の下着や寝間着です)は、
1番持ってるシリーズです。
フランスだろうが、日本だろうが、
見付けると「買っちゃだめ!」と自分を我慢させるのが大変です。
IMG_3834.jpg
着られなくなったら、裾のレースは切り取ろうと思ってますが、
破れながらも着てしまうので、まだまだ現役です。

IMG_3833_20081110115809.jpg
これは、本来ワンピースだったものを、
スカートだけにリメイクしたものです。
これも、どうしても落ちないシミがあります。

IMG_3831_20081107212917.jpg
とってもお気に入りのツイードのジャケット。
Yちゃんが代官山の古着屋で見付けてくれて、
「買うべき!」と薦めてくれました。
実は「CHANEL」です。
でも、タグがないので、格安でした。
裏地がシルク?(もうボロボロです)のせいか、
本当に暖かで、サックスとベージュのツイードの色合い、
ポケットや袖口等、シャネルの仕立ての素晴らしさ。
現代物のシャネルはとても手を出せませんが、
これを着ると、ちょっとココになった気分になれます。
このジャケットの襟には、必ずブローチを着けるようにしてます。

今年買った手頃なセーターの袖口のボタンを、
アンティークのボタンに付け替えました。
IMG_3853.jpg

別に絶対古着がいい!とか、モードな服がいい!とかではなくて、
服が好きで、アクセサリーを愛して、
おばあちゃんになっても、
おしゃれを楽しむ女でいたいと思っています。

  1. 2008/11/10(月) 12:34:45|
  2. アンティーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ブローチ自慢

ブローチ、お持ちですか?

電車なんかで、
白髪の高齢の方が、
上着にブローチを着けているのを見かけます。
それが、クラシカルなデザインだったりすると、
どうしても凝視してしまいます。
昔は、おしゃれのアクセサリーアイテムは
ブローチだったのですね。

最近はブローチを着けてる女性って、
あまり見かけませんね。
大胆なデザインのネックレスやピアスなんかは、
若い方はとても上手になってきていますが・・・

私は、ブローチ大好きです。
秋になり、ジャケットやざっくりニットを着るようになって、
ブローチの出番です。
コレクション?の一部をご紹介します。

IMG_3838.jpg
年代不明。
こういうクリスタルのブローチが1番大活躍です。

IMG_3842.jpg
ヴィクトリアン時代?のすみれブローチ。
お気に入り過ぎて、落とすのが怖くてなかなか着けられません。

IMG_3839.jpg
こういうキラキラもジャケットに重宝します。

IMG_3840.jpg
薄い金具にペイントしたこういうブローチは、
30年代、イギリスで流行ったデザインです。

IMG_3841.jpg
お花と小鳥のプチブローチ。

IMG_3843.jpg
Yちゃんからもらったお花のブローチ。

こういうアンティークブローチは、やっぱり古着のジャケットが似合います。
そんな古着自慢は次回にします。

おまけ
酔っぱらいパートナーのお土産。
IMG_3829.jpg
ミルクプリン。
風邪引きにはたまらない喉ごし。
ん~プリンがもっと食べたくなってきた!


  1. 2008/11/07(金) 21:35:54|
  2. アンティーク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

大工さんに弟子入り?

食欲旺盛な風邪。

いつもに増して甘い物を欲します。
IMG_3828.jpg
制作中の良き相棒はホットココア。
オランダの「バンホーテンココア」に、
みかん蜂蜜をたっぷり。
ミルクの代わりに、豆乳で気持ちヘルシーに。

一人お昼はお茶漬けです。
IMG_3823.jpg
パートナーのおにぎりの具の残りもの、
鶏そぼろとゆず胡椒をトッピングし、
父お手製のらっきょと、サラサラサラ・・・
(リタイアした父は、なぜからっきょ作りにはまってます。
年々上手になってきてます)

お三時は、続いてます、スイートポテト。
IMG_3822.jpg

幼い頃読んでた「サザエさん」の中に、
大工さんが、10時、お昼、3時と食べてる風景を見たカツオが、
「弟子にしてください」と言うお話がありました。
その時、心から私も弟子になりたい・・・
と思った覚えが。
食いしん坊過ぎる・・・

おまけ
IMG_3825.jpg
お隣のカリンも食べ頃です。


  1. 2008/11/05(水) 23:35:36|
  2. ちょこちょこと美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

長屋暮らし展 

人と出会って、お話しする・・・

その行為は大好きなのですが、
ある時から、誰かと仕事をする、
と言うのが苦手なことに気づき、
多分、仕事に関しては、
今後もずっと一人のつもりです。

そんな私が、12月、数人の作家さんたちと合同展です。

向島のちょっとアトリエあそび
『長屋暮らし展 <師走>』
12月3日(水)~7日(日)12時~19時

場所は東向島、直やのおうち・展示室 です。
(住所は後日お知らせします)
d0145972_23593454 naoya
器や和小物の作家さんら5名とご一緒します。

お店や作業を誰かと共同で行うのは難しいですが、
違う分野の方々との展示会は楽しみです。
和の方々に触発されて、
今回は、私もかんざしや帯留めを作ろうと思ってます。

近々、DMも送らさせて頂きます。
まずは、お知らせまで。


  1. 2008/11/05(水) 00:03:49|
  2. 個展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

風邪を引きながら・・・

風邪引きました。

パートナーのがうつったのですが、
熱もなく、食欲がまったく落ちないので、
大丈夫だと思います。

鼻をズルズル言わせながら、
夕飯はギョウザです。
IMG_3818.jpg
我が家のギョウザは春菊を使います。
ニンニクは入れず、ショウガと山椒を入れ、
後は豚バラを。
一人10個以上はペロリです。

三連休中のおやつは、
IMG_3814.jpg
IMG_3821.jpg
スイートポテト三昧。

実は、この他にもかぼちゃプリンやお汁粉を食べてますが、
本当に風邪?と疑われそうなので、
アップするのを控えます。

おまけ
IMG_3820.jpg
パートナーのお土産のお花は秋色ブーケでした。
IMG_3758_convert_20081104133422[1]
マダムの頭にはバラを。
  1. 2008/11/04(火) 13:46:12|
  2. ちょこちょこと美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

古本まつり

快晴!

三連休の初日の気持ちの良いこと。
でも、制作もまだまだあるし、
月末の北海道の帰省前までに、
ちゃんと作らなきゃ・・・

「神田の古本まつりに行かない?」
悪魔の誘い声が・・・

で、来ちゃいました。
神保町。
パートナーが東京でもっとも愛する街です。
IMG_3812.jpg
紙離れの昨今。
しかし、本の街は元気です。
「古本まつり」はたくさんの人で溢れていました。

はやるパートナーを落ち着かせながら、
まずはランチです。
IMG_3805_convert_20081102113259[1]IMG_3806_convert_20081102113413[1]
神保町は本の街ですが、カレーライスの街でもあるのです。
たくさんのカレー専門店がある中、
今回は古書センターの中にある「ボンディ」に行ってきました。
最初にふかしたじゃがいもがバターと共に出てきます。
調子にのって食べていると、
肝心のカレーが食べられなくなるので、気をつけなくては。
カレーは辛さが選べ、ライスにはチーズが混ざってました。
おいしい!

「では2時間後に!」
パートナーと別れ、私はまず「アートブックショップ」へ。
IMG_3807_20081102113153.jpg
クラフト関係の本の専門店。
んーでも、ちょっと期待はずれ。

靖国通りは人が多いので、
「AMULET」でもらった地図片手に、路地裏散策。
IMG_3816.jpg

おや
IMG_3809.jpg
小さな、小さな看板。
「マロン堂」では小さなブロカントが。

IMG_3815.jpg
本屋街で本を買わず、フランスの古いパーツを購入。

ずっと行きたかったケーキ屋さん「柏水堂」
創業昭和4年。
店内もケーキも全部、乙女心がきゅんっとなるお店です。
(販売員の女の子の制服もかわいいです)
IMG_3813_convert_20081102113731[1]
愛らしいプードルとイチジクのケーキ。
プードルは懐かしいバタークリームの味です。
子どもの頃を思い出します。

2時間後・・・
パートナーはまだまだ興奮覚めやらぬ状態。
私はパーツとプードルで大満足。
神保町、あなどれません。

  1. 2008/11/02(日) 12:11:06|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ちゃっこい

ちゃっこい。

先日、北海道から上京してた義父がこう言って、
パートナーも普通に「そうかぁ、ちゃっこいのか~」と。
ちゃっこい??茶色っぽい??

どうやら「小さい」と言う意味らしいです。
ちゃっこい・・・かわいい。

方言、好きです。
お国言葉、すてきです。

今朝、全然ちょっこくないものが届きました。
IMG_3804.jpg
巨大なスイートポテトです。
お芋好きな私は目がハートです。

しかも、これだけじゃなく・・・
IMG_3800_convert_20081031234820[1]
こんな鏡まで。
これには、ちょっこい小鳥がくっついてました。
IMG_3799.jpg
かわいい。

IMG_3801_convert_20081031234931[1]
手紙にはパンダが。
Nちゃん、ありがとう。

ところで、方言と言えば、
数十年前、上京した私が共通語だと思ってた方言(九州の)があります。

なおす-物をしまうこともなおすと言います
はわく-ほうきではくと言うのが共通語
こゆい-共通語では味が濃い

私の好きな博多弁は「ふうたんぬるい」(まどろっこしい)
と「ちゃっちゃくちゃら」(めちゃくちゃ)です。


  1. 2008/11/01(土) 00:27:18|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。