a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

てくてく、ぷらぷら、京都散歩 特別編

京都に行って、
手ぶらで帰ることは、絶対できません。

創業○○○年。
その伝統と凜とした美しさにひれ伏しながら、
買わずにはいられないのです。

IMG_2990.jpg

しかも、包み紙の美しいこと!
包み紙で作る靴職人としては、
尚更、買わずにはいられないってものです。

IMG_2989.jpg

Nさんから頂いた「満月」と、「平安殿」の包み紙。
Nさん、まずは「阿じゃ梨餅」を美味しく頂きました。
平安殿の方は、賞味期限がまだ大丈夫なので、
博多で両親と頂きます。
ありがとうございました!

IMG_2987_20080522164118.jpg

「河道屋」の「蕎麦ほうる」
梅型をはな、丸型をつぼみと言うのも愛らしいです。
これは、今回のお教室のおやつにしたいと思います。

IMG_2988.jpg

1番欲しかった「末富」の包み紙。
水色に檜扇や京都の花の柄、
そして、ピンクのリボン。
素敵です!
かわいい干菓子はお教室のおやつに、
上生菓子は賞味期限が当日なので、
すぐに食べてしまいました。
それぞれの名前を覚えてないのですが・・・

グリーンの色が美しい梅の実。
IMG_2998_20080522163906.jpg

きんとん。
IMG_2995_20080522163941.jpg

波紋が美しい。
IMG_2997_20080522163922.jpg


1泊2日の短い滞在だったわりに、
長い京都報告となってしまいました。
明日からは故郷、博多です。
これまた、長い博多報告は6月以降に。



スポンサーサイト
  1. 2008/05/22(木) 17:45:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

てくてく、ぷらぷら、京都散歩 最終編

ランチ後は、
帰りの新幹線までのラストスパート。
と言っても、寄り道しながら慌てず急がずです。

IMG_2967.jpg

IMG_2969.jpg

ブリオッシュの看板がかわいい「Rauk」
町屋のパン屋さんって言うのが、京都ならではです。
明日の朝食用にいくつか買いました。

IMG_2939.jpg

創業300年、菓子舗「総本家 河道屋」
店内も改装されてない古いまま。ステキでした。
素朴な美味しさの「蕎麦ほうる」を買いました。

IMG_2980.jpg

前回の京都訪問の時もお邪魔した、
Nさんちの長屋。
京都の古民家で住む、と言う私の憧れのお宅です。
IMG_2981.jpg

一角には祠もあって、神さん、仏さんと呼ぶ、
関西の人たちの生活の中の神仏を感じます。

IMG_2984_20080522154714.jpg

IMG_2982_20080522154819.jpg

偶然見付けた河原町の
「ミナ ペルホネン」の直営店が入ってる寿ビルは、
古いステキなビルでした。
ギャラリーや絵本屋さんがあったり、
羨ましい空間です。

本当は東福寺のお庭も見たかったのですが、
残念ながら時間です。
楽しみはまたと言うことで・・・
両手にたくさんのお土産を持って、
Nさん一家と京都に、しばしの別れです。


  1. 2008/05/22(木) 16:28:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

てくてく、ぷらぷら、京都散歩 その4

京都散歩も2日目。

Nさん夫婦のご厚意で、一緒に散策です。
旦那さんの的確な道案内のおかげで、
さくさく、気になる所へ行けました。
方向オンチの私には、有り難い限りです。

IMG_2963.jpg

ランチをしようと思って、寺町の「出町 ろろろ」へ。
オープンと同時だったのに、予約で満席でした。
大原の無農薬野菜をふんだんに使った、
って言うので是非、食べてみたかったんですが。

IMG_2966.jpg

でも、そのおかげで、こんな素朴な商店街も見付けられました。
IMG_2965.jpg


結局、ランチはビストロ「LE BOUCHON(ブション)」へ。
IMG_2970.jpg

IMG_2972_20080521151957.jpg

メインは牛肉のグリエとフレンチフライ添え。
IMG_2977.jpg

デザートは一口食べてしまった、クレームキャラメル。
IMG_2978.jpg

京都でフレンチっていうのも、なかなかいいです。

お天気が良いので、テラスで気持ちよく食べていたら、
お祭りの行列がやってきました。
IMG_2973.jpg

IMG_2975.jpg

なんだか、得した気分。

帰りの新幹線は17時代です。
それまでぎりぎり、散歩は続きます。
  1. 2008/05/21(水) 15:51:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

てくてく、ぷらぷら、京都散歩 その3

一日目の夕飯は、
a petits pas(アプティパ)のお店時代のお客様、
Nさんと待ち合わせ、
Nさんの旦那様と初対面のおちびちゃんとで、
祇園西花見小路のう桶や「う」へ。
IMG_2948_20080520221911.jpg

鰻が大好きなので、とっても楽しみでした。
IMG_2950.jpg

手作業で掘ったという井戸がありました。
IMG_2954.jpg

まずはう巻きで乾杯。
そ、し、て・・・

IMG_2955_convert_20080520222426[1]

桶に入った鰻、う桶です!
これで3人前です。
花街である祇園のお茶屋さんに、
出前をすることからう桶のスタイルになったとか。

IMG_2957.jpg

美味しい!幸せ。

お腹いっぱいになって、皆で近くの「八坂神社」に行きました。
IMG_2958.jpg

というのも、境内に「美御前神社」と言うのがあり、
美しい三女神が祀られ、お詣りすると美しくなれる、
と言われているのです。
しかも、本殿の下から湧き出ている御神水を、
数滴顔につけるといいらしいのです。
もちろん、Nさんとつけました。

おまけ
IMG_2953_20080520222013.jpg

7ヶ月の元気な琥珀(こはく)君。
琥珀君のような、つるつるお肌にな~れ!

  1. 2008/05/21(水) 00:35:57|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:4

てくてく、ぷらぷら、京都散歩 その2

IMG_2921_20080520002514.jpg

町屋でランチ後、
三条から四条に向かって、てくてく、ぷらぷら。

IMG_2935_20080520214728.jpg

IMG_2938.jpg

IMG_2937.jpg

IMG_2936.jpg

気になるお店がありすぎて、
ちっとも前に進みません。

IMG_2941_20080520215505.jpg

錦市場の人混みに疲れ、
待ち合わせの時間まで、しばし休憩です。
IMG_2942_20080520215810.jpg

IMG_2943.jpg

ずっと入ってみたかった「喫茶ソワレ」でお茶しました。
BGMがなく、薄暗い店内のブルーの照明と、
東郷青児の絵画が、
ソワレの世界観を引き立ててました。
IMG_2944.jpg

  1. 2008/05/20(火) 22:13:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

てくてく、ぷらぷら、京都散歩 その1

街に川が流れ、
古の風が吹き、
美しいものが受け継がれていく・・・

パリ、プラハ・・・
そんな条件を満たす都市は、いくつかありますが、
日本では、やっぱり京都!
何度訪れても飽き足りない、
愛してやまない街です。

今年は源氏物語千年紀らしく、
まずは、記念特別展が開催されている
「京都文化博物館」からスタートです。
IMG_2922.jpg

IMG_2924_20080520002206.jpg

IMG_2923_20080520002044.jpg

重要文化財の別館は元「旧日本銀行京都支店」で、
無料で公開されています。
明治期洋風建築の素晴らしいこと!

IMG_2928_20080520002306.jpg

IMG_2930.jpg

十二単を眺めながら、平安京の世界の美と心を感じていたら、
十二単を着て、今時のポージングで撮影している若者達が。
有料で体験できるらしく、
ちょっと現実に戻されてしまいます。

IMG_2917.jpg

この土日、京都は夏日。
暑い、熱い、京都報告はまだまだ続きます。


  1. 2008/05/20(火) 11:45:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

旅の準備

趣味の違うパートナーと、
唯一合う趣味は旅行です。

旅の準備はもっぱら私が担当で、
いつもの旅グッズを揃えなくてはいけません。
IMG_2912.jpg

吉祥寺で見付けた、ベトナム製のランジェリー袋。
ブラとショーツの刺繍がかわいくて、
大好きな旅の必需品です。

IMG_2913.jpg

移動中の本も欠かせません。
今回は、川上弘美さんの「古道具 中野商店」にしてみました。

IMG_2915.jpg

目的地に似合うのではないかと、
手作りのアンティークパールのロングネックレスと、
アンティークキーのペンダントも、
着けていきたいと思います。

1泊のプチ旅行。
私にとって、パリとそこは、
何度訪れても魅力的な街なのです。
  1. 2008/05/16(金) 21:55:23|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

憧れの・・・

ブランド品はお好きですか?

しかも、高級と言われるものです。
私も、会社勤めをしてる頃は、
○○だからと、その名前だけで買っていた時もありました。
今は・・・

すっかり興味がなくなりました。
物欲は相変わらずある方だと思いますが、
価値観が変わったというか、
定まってきたように思います。
ただ・・・

興味がなくなった、と言いつつ、
変わらぬ憧れもあります。
その一つが・・・
IMG_2902_20080514232300.jpg

「HERMES」のケリーです。

ちょっと前置きが長かったですが、
ケリーバッグを紙で作ってみました。
モナコ王妃だったケリーが、
妊娠したお腹を隠したバッグですが、
この紙のケリーは片手でさえ隠れない、
小さなケリーバッグです。
IMG_2900.jpg

IMG_2897.jpg

せっかくなので、本物にはない場所ですが、
ロゴを付けてみました。

ちなみに、この紙のケリープチバッグは、
HERMES公式サイトから、型紙をダウンロードできます。
他にも色々な柄がありましたよ。
靴に比べて、ちょっとつまらないので、
私はもう作りませんが。

おまけ
IMG_2905.jpg

本日のお土産のお花。
白いお花の枝ものです。




  1. 2008/05/14(水) 23:40:09|
  2. ちょこちょこと物作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

雨の図書館

長靴散歩のゴールは、
「国際子ども図書館」です。
IMG_2887.jpg

元、帝国図書館だった建物が、
2000年に国際子ども図書館としてオープンし、
明治期のルネサンス様式に、
安藤忠雄のリノベーションが話題で、
ずっと気になっていた場所です。

IMG_2885.jpg

IMG_2878_20080512232425.jpg

漆喰の壁や階段や扉。
古い部分もステキです。

IMG_2890_20080512224343.jpg

あるドアにあった「しめきり」
こんな所に明治を感じます。

IMG_2882_20080512224525.jpg

3階のバルコニーからは、
レリーフが目の当たりに見ることができます。

IMG_2880.jpg

この日、「本のミュージアム」では、
「チェコへの扉」が開催されてました。
おなじみのもぐらのキャラクターなど、
ほのぼのかわいい絵本が展示されてました。

IMG_2888.jpg

ステキなテラスもありましたが、
今日は雨。
また、晴れの日散歩にも来てみよう。





  1. 2008/05/12(月) 23:36:34|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

相応しい場所

目覚めると、外は雨・・・

ってことは、長靴デビュー!
IMG_2873.jpg

子供のように水たまりに入ったりして・・・
この長靴に相応しい場所に行かなくては!

そこには・・・
IMG_2874.jpg

青いキリンがいたり・・・

IMG_2895.jpg

たくさんの緑とベンチがあったり・・・

IMG_2894.jpg

大きな噴水があったり・・・

IMG_2876.jpg

いい感じにツタが絡まった建物があったり・・・

IMG_2893_20080511225727.jpg

明治期ルネサンス様式にモダンなエントラスがくっついてる建物があったり・・・

もったいぶってしまいました。
雨の上野公園です。
長靴散歩にとても相応しいと思います。
最後に紹介した建物は、この日のゴールです。
中にも色んなものがあったり・・・します。
それは、次回。
  1. 2008/05/11(日) 23:13:24|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

幸せを運ぶ鳥、幸せのバラ

換気扇が使えません。

壊れているわけではなく、
ダクトの中に鳥の巣があるようなのです。
我が家のキッチンは3階にある上、
ダクト口がお隣の方に向いてるため、
その中を覗くことができません。
換気扇の隙間から見ても、
わら?草?が少し見えるだけで・・・
でも、あきらかに雛の鳴き声もするし。
油の料理の風を雛達にあてるのは忍びないので、
巣立ちまでは窓を開けて換気することにしています。

IMG_2864.jpg

先日、「ボワズリー」で買ったアンティークの真鍮のツバメ(だと思ってるんですが)。
いったい何用だったのかはわかりませんが、
何かの装飾で付けられてたもののようです。

「ツバメが巣を作ると、その家は幸福になる」
ステキな迷信ですよね。
ご近所の大きなお家で、何羽ものツバメの巣があるお家があります。
毎春、羨ましく眺めていました。
我が家の鳥の巣がツバメかどうかは未確認ですが、
何鳥であろうと、巣を作ってくれるのが嬉しいです。
私にとっては名誉なことです。

IMG_2870.jpg

真鍮のツバメにぴったりなバラをYちゃんに頂きました。
最近ではちょこちょこ見られるようになったイングリッシュローズですが、
我が家のご近所の花屋さんには置かれてなく、
Yちゃんのお家に咲き誇るイングリッシュローズは、
本当に憧れの光景です。

IMG_2863.jpg

このはんなりとした色と幾重もの花びら。
うっとりです。
ちなみに、イングリッシュローズとは総称です。
Yちゃん、ごめんなさい。
このバラの名前忘れました。
もしかして、オールドローズでしたっけ?

おまけ
IMG_2860.jpg

しばらくさぼってたドイリー。
編み物、復活してます。

訂正:Yちゃんのコメントにより、間違い判明です。
    バラはつるバラで「アッシュウェンズデイ」
    つぼみは「ブラッシュノワゼット」です。
    ステキなバラはみんな、イングリッシュローズか
    オールドローズかと思いこんでました。
    無知な私です。失礼しました。
  1. 2008/05/11(日) 17:30:53|
  2. お気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カゴと蝶々とピクニック

端午の節句、こどもの日。
あいにくの曇り空ですが、
紫外線が強くなくていいか、とピクニックへ。
IMG_2854.jpg

先月来た時は、桜が満開だったのに、
すっかり青葉一色に。
芝生の中にはかわいいシロツメ草が。
IMG_2856.jpg

そして、本日主役のお弁当。
IMG_2852.jpg

先日「黄色い鳥器店」で購入したカゴ使いたさに、
ピクニックに来たと言っても過言ではありません。
心なしか、いつものメニューが美味しいかも。
IMG_2853.jpg

デザートのイチゴには、先日の「468」で頂いた笹の切り絵を一緒に。
赤い果実に緑の蝶々が鮮やかです。

おまけ
この日のお風呂はしょうぶ湯です。
IMG_2859.jpg

「菖蒲」は「尚武」(武芸をよくすること)に通じ、
剣のように伸びた葉が端午の節句にふさわしいと、
平安の昔より、邪気をはらうことに用いられてきました・・・
と袋に書いてありました。
  1. 2008/05/07(水) 22:30:15|
  2. お気に入り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

468

おすしは好きですか?

多くの人が、大好き!と答えるでしょうね。
私はおすし屋さんは大好きです。
生ものを扱うのに、あの清潔な店内。
板さんの職人技。
冷酒と共に、お造りから始まって・・・
とカウンターで食したいところですが、
何分、生肉、生魚、生卵が苦手なのです。
嫌いと言うより、苦手なのです。
火を少しでも通してくれると大好きなんですが・・・

そんな私でも楽しめるおすし屋さんが、遂にありました!
Nさんが連れていってくれた浅草の「468」
「468」でよーろっぱと読みます。
Nさん、Kさん、パートナー、4人でカウンターで楽しく話して、食べて、飲んで。
IMG_2843.jpg

タコと空豆の小鉢。

IMG_2846.jpg

若竹煮。

IMG_2845.jpg

名物、穴子の棒寿司。
穴子が柔らかくて絶品でした。

IMG_2849.jpg

楽しみだった、名物、芋吸い。
ゆずの香りととろとろのお吸い物。
これ、くせになります。

この他にもお腹いっぱい頂きました。
京都出身の大将の確かな技は、こんな小さなところにも・・・
IMG_2850.jpg

ガリを食べ終わると出てくる笹の切り絵。
カウンターの端にもこんな切り絵が。
IMG_2851.jpg

もちろん、はさみではなく包丁で切るらしいです。
あまりにもステキなので、全部持って帰ってきちゃいました。

味良し、目で見て良し、店の人良し・・・
あるようで、なかなかない三拍子揃った飲食店。
「468」ずっと変わらずにいてください。

おまけ
IMG_2842.jpg

Nさんが指定した浅草での待ち合わせ場所は、
やっぱり王道の「雷門」



  1. 2008/05/06(火) 16:54:56|
  2. 気になるお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

古書の街

パリ、セーヌの河岸には「ブキニスト」という、
古書の露天商が並んでいます。

ブキニストとはちょっと違いますが、
東京にも古書店が150軒以上もある街があります。
神田神保町がそれです。
パートナーが足しげく通う街です。
いつもなら「いってらっしゃい」と言う所ですが、
ちょっと気になる店もあることだし、
神保町散歩もいいかも。

IMG_2831_20080504230239.jpg

神保町にはたくさんのレトロな飲食店があるのです。
「スヰ-トポーヅ」もその一つ。
餃子専門の定食屋さん。
IMG_2832.jpg

IMG_2833.jpg

餃子定食と水餃子にビール。
ご飯が山盛りの上、餃子もボリュームがあり、お腹いっぱいです。

古本探しのパートナーの邪魔をしては悪いので、
お昼を食べて別行動へ。
IMG_2835.jpg

IMG_2836.jpg

IMG_2834_20080505000535.jpg


古い店構えを見ながらてくてく歩いた後は、
一番楽しみにしてた純喫茶でお茶しました。
IMG_2841.jpg

神保町で有名な「さぼうる」
IMG_2839_20080504235128.jpg

ちゃんとかち割りの氷のアイスティー。
ピーナッツが付いてる所が、喫茶店っぽいです。

待ち合わせに現れたパートナーのデイバッグには、
たくさんの古書が。
お互い満足感で、浅草へ。
ステキな浅草での夕食の報告は次回・・・
  1. 2008/05/05(月) 00:17:27|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ピッチピッチ、チャップチャップ、ランランラン

曇りという天気予報だったのに、
雨が降りそうな。
願いが届いたか・・・
お休みの方ごめんなさい。
♪あーめ、あーめ、ふーれ、ふーれ~~~
と歌ってる女がここに一人。

IMG_2830_20080430100513.jpg

長靴買いました。
幼稚園以来?
この数年、欲しいなぁ、と思いつつ、いいのがなく、
ふと立ち寄った店で出会ったのです。
本当は紫しかなかったのですが、
お手軽な値段の割に、形が良く、
でも、紫・・・履きこなせるのか?
一緒にいたYさんは「紫いいよ!長靴だよぉ!」って。
つまり、雨靴に何無難な黒や茶を求めるのだ!と言いたいようで、
色物にしろ、というアドバイス?なのですが、
ごめんなさい、せめて切れているボルドーを、
と取り寄せてもらいました。
想像以上にいいボルドー色で、すっかり気に入りました!
今年からは、雨の日はお散歩の日!です。

ちょっと前までは、雨の日は制作の日でした。
IMG_2765.jpg

IMG_2766.jpg

こちらは、水厳禁の紙の靴です。




  1. 2008/05/02(金) 14:08:00|
  2. お買い物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

時の風吹く場所 後編

予告通り、旧岩崎邸報告です。

IMG_2814_20080430210614.jpg

洋館は来賓用だったらしく、
通常の生活は和館だったようです。
外から見た洋館と和館の結合されてる様子は、
なんだか、無理矢理な感じですが、
内部はその変わり様が、わくわくさせてくれました。

IMG_2817_20080430210903.jpg

結合の所で見たドアだったので、洋館のドアだったかもしれませんが、
ステンドガラスがステキでした。

IMG_2818_20080430210823.jpg

IMG_2819.jpg


IMG_2823.jpg

このスイスの山小屋風建物は、ビリヤード場だったものです。
見学はできませんでしたが、洋館と地下通路で通じています。

IMG_2788.jpg

一周ぐるりと見学すると、洋館に戻ってきます。
明治期の上層階級の邸宅の豪華さに再び驚きながら、
満足感で岩崎邸を後にします。

IMG_2786.jpg

出口付近に咲いてたお花「オドリコソウ」
笠を被って踊ってるような姿から、その名が付けられたようです。
洋館の広間でも、きっと夜な夜な舞踏会があってたに違いありません。
  1. 2008/05/02(金) 00:41:55|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。