a petits pas (アプティパ)

アプティパとは「ちょこちょこと」というフランス語で、鳥がちょんちょんと歩く様を言います。ちょこちょこと物作りをし、プチ幸せを発見する日々のささやかなひトリごとです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ありがとう、太郎

ドライブに行ってきました。
041.jpg

あいにくのどんより空の中、
パートナーの相棒でもあった、10年来の愛車との別れのドライブです。
我が家で「太郎」と呼ばれていたその車と、秩父方面へ。

030.jpg

035_20080331110918.jpg

お昼はステキな手打ち蕎麦屋で。
032.jpg

036.jpg

ジャズのBGMの中、ゆったりと頂きました。

038_20080331111005.jpg

太郎との別れでテンションの低めのパートナーは、
食欲は別のようです。
食後の手焼きせんべいです。

寿命の太郎と苦渋の決断で別れを決意したパートナー。
来月には別の車がやってきます。
春は出会いと別れの季節です。
044.jpg

スポンサーサイト
  1. 2008/03/31(月) 11:53:13|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

こうべをたれて

この時期になると、頭を垂れて歩いてしまいます。
しょんぼりしてるわけではなく、
道端の野草たちが気になるのです。
IMG_2559.jpg

名前は知らないのですが、
この小さな青いお花が大好きです。

そして、先日蒔いた種から芽が出てきました!
IMG_2558.jpg

動物でも植物でも、赤ちゃんのかわいいこと。
無事、成長してもらいたいものです。

おまけ
IMG_2557.jpg

昨夜のパートナーのお土産は、
さくら色のスイートポテトです。

  1. 2008/03/29(土) 22:59:49|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お花見に行ってきました。
IMG_2552.jpg

IMG_2554.jpg

私の場合、海に行かなかった夏はあっても、
お花見をしない春はありません。
桜咲く風景は、どんな時でも幸せな気持ちになれるからです。
もちろん、青空の下、堂々とワインが飲めるっていう理由もありますが。

桜を見たので、新作の靴にもお花を添えました。
IMG_2556.jpg

画像ではわかりにくいですが、ヒールとソールは桜色です。

おまけ
IMG_2549.jpg

IMG_2548.jpg

一昨日、パートナーが作ってくれたシチューと、
お土産のアップルパイ。
  1. 2008/03/28(金) 22:14:55|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小人の靴屋

IMG_2543_20080325212328.jpg

「小人の靴屋さんができそうだね」
というのはパートナーの台詞です。
しばらくは靴職人となりそうです。

IMG_2544.jpg

ラデュレの手提げ使用。

IMG_2545.jpg

バーニーズ(黒)とKUSMI TEA(ピンク)の手提げ使用。

IMG_2546.jpg

紺の紙と千代紙(クローバー柄)使用。

熱しやすく冷めやすい・・・
いつまで続くのか?このブーム。
こう考えると、何年も飽きずに続いてる、
ビーズアクセサリーの制作は性に合ってるんでしょう。

それにしても、私がはまる「もの作り」は、
小さなスペースで作れる、小さいものばかりです。


  1. 2008/03/25(火) 21:42:02|
  2. ちょこちょこと物作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

美しいものだけを作りなさい

桜の時期は無情の雨が降りがちです。
雨の日は、アクセサリーの制作日より・・・
のはずなんですが・・・

IMG_2477.jpg

雨ですが、日傘です。
1ヶ月前から着手して、ようやく出来上がりました・・・
と言っても、9割くらいはpasse compose のFさんが作ってくれた、
と言っても過言ではありません。
IMG_2479.jpg

IMG_2478.jpg

縫い物が苦手なのと、自分のものだと雑になる私の作業を見かねて、
たくさん手伝わさせてしまいました。
本当にその節は申し訳ありませんでした。
どうにか、仕上げることができました。
傘の柄は現代物ですが、布はpasse compose で買ったヴィンテージの布です。
ミシンもろくにかけられないのに、
柄合わせの難しいストライプを選んだのが、そもそもの間違いでした。
でも、すっごく気に入ってます。
早くさしたい!

そして、今はまってるもの作りは・・・
IMG_2476.jpg

「包み紙でつくる靴」です!
10㎝ほどのサイズで、作るのが楽しいんです!
雄鶏社から出てる若山美樹さんと言う方の本を見て作ってます。
これで、我が家の溢れる紙もの達が、
日の目を見られるというものです。

傘作りの時、Fさんから言われたこの言葉を胸に・・・

「美しいものだけを作りなさい」
  1. 2008/03/24(月) 21:42:14|
  2. ちょこちょこと物作り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

au printemps(春に).その2

IMG_2463_20080322233149.jpg

我が家にはほんの少し、土のスペースがあったのですが、
ちゃんと手入れしないので、草がボーボーだったのと、
お隣の猫ちゃんのトイレとなっていたので、
パートナーがレンガを敷き詰めてくれました。
奥にはグミの木があるので、
もちろん、そこだけ土が覗いていますが。

IMG_2468.jpg

IMG_2469.jpg

IMG_2470.jpg

コンクリートの三和土(たたき)が色気がないので、
寄せ植えの鉢も増やしました。

本当は土に直接草花を植えて、
プチガーデニングを楽しめればいいのですが、
虫恐怖症で土いじりができません。
寄せ植えが精一杯です。情けないです。

IMG_2471.jpg

グミも芽吹いています。

IMG_2474.jpg

家の前のアスファルトの割れ目から、
小さな白い花が咲いてるのを発見。




  1. 2008/03/23(日) 00:03:39|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

あるとき

「あるときはやたらにあるのになぁ~」
と、ないときに出てしまう言葉です。
あるないとはおやつのことです。
ほぼ必ずありますが、
まれにないと、かなりのしょんぼり具合です。

この数日は、そのあるときです。
IMG_2462.jpg

ご近所から頂いた手焼きせんべいと、
先日遊びに来てくれたK君の手みやげ、ちーず大福。

IMG_2461.jpg

パートナーの会社の方の出張土産、バナナチップ。

IMG_2460.jpg

これも、パートナーの会社の方の出張土産。
サウジアラビア王室御用達「バティール」のデーツ。
デーツとはなつめやしの実のことです。
デーツ専門店だけあって、とってもおいしい!
レモン?オレンジ?が挟んであります。
チョココーティングのものとかもあるとか・・・
食べてみたい・・・

どなたかドバイに行く予定はないでしょうか?
  1. 2008/03/22(土) 00:22:20|
  2. ちょこちょこと美味しいもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

au printemps (春に)

四季の中で春が一番好きです。
木々の若葉に道端の小さな花々、青い空にさえずる鳥たち・・・

これがミュージカル映画なら、美しいヒロインは歌い出すシーンです。
私もそんなヒロインになったつもりで?
鼻歌まじりに種まきしました。
IMG_2458.jpg

IMG_2456.jpg

去年「モネ展」に行った時に、「フランスの種」を買っていたので、
小さな植木鉢にjardin de francais(フランスの庭)を再現しようかと・・・
まったく、スケールの小さいミュージカル映画です。
蒔いた種は2種類。
「フェステッドスカビアサ(和名:マツムシソウ)」と「スウィートヴァイオレット」

ちなみに鼻歌はサウンドオブミュージックの「My Favorite Things」です。

IMG_2454.jpg

先日、我が家に遊びに来てくれたTさんからは、
イエローでまとめられた、春らしいお花を頂きました。

おまけ
143.jpg

つい最近までパートナーと二人で手首にしてた黄色のひも。
タイのアユタヤーのお寺で頂いたお守りです。
このひもが、旅の間私たちを守ってくれていました。



  1. 2008/03/20(木) 12:02:54|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Thailand-動物&子供編

タイ旅行の報告がしつこくてすみません。
最後は旅の中で出会った動物や子供たちです。

046.jpg

サムイ島では、朝食の時、
落ちたパン屑をついばむこの鳥が、
いつも足下にいました。

035.jpg

このわんちゃんは野良なのか?
タイには野良犬がたくさんいます。
噛みつく時がある、と注意されましたが、
どのわんちゃんもおとなしかったです。

123.jpg

野良猫もいました。

126.jpg

タイといえば、象です。

125.jpg

なぜか、女の子と虎の赤ちゃんが。

102.jpg

暑くても子供は元気です。

通り過ぎる観光客の一人にとって、
旅先の動物や子供たちは、かわいい対象ですが、
タイで出会ったそれらが、単にかわいいだけではすまされない・・・
そんなやりきれない気持ちにもなりました。

短期間で、タイの極々一部しか見てない旅ではありますが、
海外はヨーロッパばかりだった私には、
楽しく、考えさせられる旅となりました。

コプクンカー(ありがとう)
  1. 2008/03/19(水) 00:18:40|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Thailand-アユタヤー食べ物編

旅行会社からもらった書類の中に、
タイで食べ物、水から感染する病気の豪華ラインナップがありました。
「一流レストランでも油断できません・・・」と言われても・・・

111.jpg

どう考えても一流レストランではありませんが、
Satitさんが連れてってくれた麺屋さんは、とても美味しかったです。
109.jpg

センレックというお米から作るうどん風麺。
これ、一番好きでした。

110.jpg

バミーという黄色い小麦麺。

気軽に食べられる麺料理ですが、
麺と具の種類、スープの有無等、
注文は少々大変です。
もちろん、Satitさんが全部通訳をして注文してくれました。
Satitさんは日本のラーメンが大好きだそうです。

105.jpg

仕上げは4種類の調味料で好みの味付けにします。
ナムプラーや唐辛子はわかるのですが、
砂糖も必ず置いてありました。
タイの人は砂糖も入れるのです。

108.jpg

どのお店にも国王の写真が飾られてます。
強制ではなく、自主的にです。
タイ国民は本当に心から国王を愛してます。
  1. 2008/03/17(月) 23:52:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Thailand-アユタヤー編

のんびりと過ごしたサムイ島を後に、
バンコクに移動しました。
パートナーのタイの友人、Satitさんに会い、
世界文化遺産に登録された古都の遺跡「アユタヤー」に向かいます。

103.jpg

川に囲まれた中州にアユタヤーの町はあります。

119.jpg

112.jpg

何十もの坐仏像に大きな寝仏。
124.jpg

ん?この方、すごく小さいんです。
これも仏様?置物?

131.jpg

タイの人は小さな金箔を買い、仏様に張り付けていました。

137.jpg

「ワット・プラ・シー・サンペット」
王室の守護寺院。
ビルマに侵略された際にほとんど破壊されたらしい。

106.jpg

案内をしてくれたSatitさんは、日本に長く留学していたので、
のりつっこみもできるほど日本語が流暢です。
本人曰く、バンコクより東京の方が詳しいとのこと。
Satitさんの胸ポケットには、
今回案内してくれる場所のメモ紙が忍ばされてました。

Satitさん、昔パートナーが
「日本にはタイ人(対人)恐怖症っていうのがあるんだ」って
うそついてごめんなさい。

  1. 2008/03/17(月) 00:27:21|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

Thailand-植物編

遠くへ来たなぁ、と旅先で感じるのは、
木々や草花が明らかに違うことに気づく瞬間です。
028.jpg

ブーゲンビリアはタイでは縁起の良い花らしいです。

029.jpg

ハイビスカスは、もっとも南国を感じさせてくれる花ですね。

073.jpg

泥水からでも美しい花を咲かせるハス。

135.jpg

これはなんて言う名前なんでしょう?

138.jpg

074.jpg

タイの人から教わった名前は、確か「ラントン」?
昔はお寺にしか植えてはいけなかった木らしく、
「悲しい」という意味らしいのですが、
可憐な白い花に深い物語があるのかもしれません。

006_20080315222055.jpg

タイ国際航空では、女性搭乗客にこのランの花をくれます。
ミニブーケで安全ピンも付いていました。
141.jpg

水を張った器に生けたので、今でも美しく咲いてくれてます。

  1. 2008/03/15(土) 23:13:51|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Thailandーサムイ島食べ物編

旅の楽しみの一つは食事。
のんびり・・・と言いながらも食べて飲んではたくさん楽しみました。
014.jpg

ホテルの朝食はオープンエアなテラスでいただきます。
目の前で焼いてくれるオムレツがおいしかったです。
054.jpg

タイ滞在中、フルーツをたくさん食べました。
ヨーグルトにはココナツジャムとハチミツを入れるのがお気に入りです。
そして、そのハチミツは、蜂の巣から直接滴り落ちたものです。
053.jpg

朝食はリゾートらしい食事ですが、
夕食はディープなタイフードです。
しかも、決して清潔とは言えないお店で・・・
082.jpg

やはり、タイに来たからには「トムヤンクン」は欠かせません。
050.jpg

画像ではおいしそうではないかもしれませんが、
この旅で一番印象に残ったのは、このはまぐりの料理です。
はまぐりを秤で好きなだけ量ってもらった後、
魚醤とスイートバジルで炒めたものです。
081.jpg

夕飯の後はだいたいどこかのバーで飲みました。
パートナーはもっぱらビア・シンですが、
私はリゾートらしく、ココナツのカクテルを。
051.jpg

サムイ島ではどこのお店でも「ハッピーアワー」があり、
ハッピーアワーだと注文したドリンクが2杯出てきます。
なので、ピニャコラーダも立て続けに2杯飲まざるを得ません。

おまけ
003_20080314112952.jpg

タイ国際航空の機内食です。

  1. 2008/03/14(金) 12:06:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

Thailandーサムイ島編

サワディカー

タイ語で「こんにちは」と言う意味です。
語尾に「カー」と付けるのは女性の丁寧語らしいです。
ちなみに男性の丁寧語は語尾に「カッ(プ)」を付けます。
というわけで、タイに行ってました。
旅の目的はサムイ島でのんびりすることと、
パートナーのタイの友人にバンコクで会うこと。
040.jpg

043.jpg

初めてのタイ。
まずはアジアンリゾートを楽しむべきサムイ島です。
時期的なものなのか、サムイ島は欧米人ばかりで、日本人はほとんどいませんでした。
059.jpg

020_20080314101417.jpg

午前中はバルコニーでビア・シン(朝から!)を飲みながら読書。
午後はプールとビーチで遊んで散歩して、夕寝。
遅い夕飯、夜はバーでちょっと2杯?
まさに、極楽。
063.jpg

パートナーはプールでバレーボールをして、
すっかり宿泊客と仲良しになってました。
ドイツ人に滞在は何日か?と聞かれて、
一週間と見栄をはったとか・・・(本当は4日間)
なのに「それは短い」と言われたそう。
欧米人はだいたい3週間以上とか長期滞在が普通らしい。
うらやましいですね。
038.jpg

毎日、ただのんびり過ごす私たちに、ホテルのスタッフの方から
「日本人には珍しい」と言われました。
日本人は普通、あれもこれもと動き回るそうです。
私は日本では動き回り過ぎてるので。
  1. 2008/03/14(金) 11:01:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

東風吹かば・・・

東風(こち)吹かば、においおこせよ梅の花、主なしとて春な忘れそ

先日も梅の木を紹介しましたが、
この季節、民家の梅の花を見付けると、
この歌を思い出します。
菅原道真の有名な歌ですが、
福岡の人間は、だいたいこの歌が暗唱できるはずです。
太宰府天満宮にこの飛び梅の木があります。

現代では飛び梅のごとき、人も物もひとっ飛びですね。
冬でも夏の地へ、夏でも雪国へ・・・
「主がいなくとも春を忘れるな」
ある意味、忘れそうです。

272.jpg

276.jpg

去年の春はパリに行ってました。

今年もちょっとひとっ飛び・・・
パリではありませんが、
何処かは来週またご報告します。

おまけ
IMG_2287.jpg

昨夜のパートナーのお土産のお花。

  1. 2008/03/06(木) 21:01:16|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

西荻窪後編

西荻窪散策後編です。

ヴェアスゴのKさんが打ち合わせ後も
西荻窪案内をしてくれました。
IMG_2273.jpg

「recit」(レシ)
センスよく並べられた古物たちに、
フランス語の屋号のように「物語」が感じるお店です。

IMG_2274.jpg

「Le Midi」(ルミディ)
南フランスの古道具を扱うアンティーク屋さん。
この日は鉄物が一斉に並んでました。
鉄の古道具って美しいです。

後は「とりとり」や有名な「慈光」など・・・
一日では廻りきれない街です。
IMG_2275_20080303234758.jpg

最後に三人でチャイで休憩した「三月の羊」
この日は売り切れてましたが、
羊の顔したパンが愛らしくて大好きです。

で、この日の散財物は・・・
IMG_2286.jpg


おまけ
IMG_2276.jpg

Nさんが桃の節句ということでかわいい「わらべこけし」
Kさんからは笹の葉にくるまれた「笹飴」を頂きました。
私からは何も・・・すいません。

  1. 2008/03/05(水) 22:29:43|
  2. 気になるお店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

美しい物を生み出す人

前回の続き・・・

寄り道をしながら、ようやくたどり着いたのが
スタジオ 「vaersgo」(ヴェアスゴ)
IMG_2269_20080303235030.jpg

とやかく説明するより、HPを直接みてもらうのが早いのですが、
デザイナーのKさんとお話してて嬉しくなりました。

時を経て出来る風合いを楽しむということ。
職人技術と大量生産でない物作りを大切にすること。
そして、この数年気になってた国内外の森の破壊と退廃に、
ここにもアクションを起こしてる方がいるということ。
IMG_2271_20080303234944.jpg

美しい格子ノ托子(茶托)、「格托」

また、得した気分にさせてくれる人と出会えました。

そして、次回は西荻窪散策後編を・・・(まだ続きます)

おまけ
IMG_2272.jpg

Kさんがお持ちだった古い干支のはんこがかわいくて、
押させてもらいました。
このかすれ感がよいのです。
  1. 2008/03/04(火) 21:47:29|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西荻窪散策

暖かな桃の節句。

Nさんが打ち合わせする家具デザイナーの方のアトリエ訪問に、
のこのこ付いて行ってしまいました。
西荻窪、古物好きにはたまらない街です。
IMG_2260_20080303235517.jpg

まずは南口方面にある「三人灯」で三人でランチ。
居心地のいいカフェです。
撮影を忘れてますが、カレーおすすめです。

アトリエに向かう途中、気になるお店がたくさんで、
女二人は寄り道ばかりです。
デザイナーKさんは、そんな二人をニコニコ待ってくれました。
IMG_2264.jpg

IMG_2263.jpg

よく撮影で使われているお花屋さん「エルスール」
素敵でうっとりです。

IMG_2265_20080303235252.jpg

こちらも有名な古民家のギャラリー。

IMG_2266.jpg

駐車場でみごとな梅の木を発見。
きっと、昔はお家の庭だったに違いありません。
ずっとここで咲いていてくれますように。

デザイナーKさんのアトリエと西荻窪散策報告の続きは次回へ・・・

おまけ
IMG_2259.jpg

桃の節句はやはり桜餅を食べないと。







  1. 2008/03/04(火) 00:38:26|
  2. お散歩
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お宅訪問

今日はパートナーとEちゃんのお宅にお邪魔しました。
IMG_2250.jpg

お料理上手のEちゃんの素晴らしい手料理の数々!
しかも、ステキな器にステキな盛りつけ。
見習うことばかりでした。
IMG_2251.jpg

IMG_2252.jpg

キッシュと鰻の混ぜ寿司。
ワインのボトルもどんどん空いていきます。

お宅にはたくさんのアンティーク家具や器が。
私とは違って重厚なタイプです。
IMG_2256.jpg

IMG_2257.jpg

チューリップの活け方がステキ。
IMG_2255.jpg

季節のディスプレイコーナーも。
IMG_2253.jpg

このピクニック用バスケットの中にはワインのコルクがいっぱい。
Eちゃん、飲み過ぎですよ。
IMG_2258.jpg


彼女のステキなことのもう一つは、旦那様のHさん。
博学で優しい旦那様です。
私のパートナーとも仲良くして頂いてます。
彼女とは、もう20年以上の付き合いですが、
お互いのパートナー込みで、
付き合い続けていけることが嬉しいです。


  1. 2008/03/01(土) 23:55:20|
  2. ひトリごと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

a petits pas

Author:a petits pas
鳥が好き
フランスが好き
古いものが好き
小さいものが好き
ちょこちょこと作ることが好き
ちょこちょことした幸せを発見するのが大好き

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。